一億総白痴化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一億総白痴化(いちおくそうはくちか)とは、社会評論家大宅壮一が生み出した流行語である。「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見ていると、人間想像力思考力を低下させてしまう」という意味合いの言葉である。

原典[編集]

元々は「週刊東京」[1]1957年2月2日号における、以下の論評が広まったものである。

テレビに至っては、紙芝居同様、否、紙芝居以下の白痴組が毎日ずらりと列んでいる。ラジオ、テレビという最も進歩したマスコミ機関によって、『一億白痴化運動』が展開されていると言って好い。 — 「週刊東京」1957年2月2日号「言いたい放題」より[2]

この『一億白痴化』の中程に「総」がつけられて広まり流行語となったのが『一億総白痴化』である。

東京新聞夕刊1957年1月27日のコラム「放射線」欄で、テレビの卑俗さについて「ある人はこれを国民白痴化運動」と言ったとする記事が出た[3]。記事は「閑息亭」のペンネームで投稿されたが、鷹橋信夫は筆致が大宅と似ているとして、この記事が原典だと示唆した[3]

朝日放送の広報誌『放送朝日』は、1957年8月号で「テレビジョン・エイジの開幕に当たってテレビに望む」という特集を企画し、識者の談話を集めた。このなかでの松本清張の「かくて将来、日本人一億が総白痴となりかねない」という表現で「総」がついた点を今野勉は重要視した[4]

評価[編集]

当時テレビの普及は始まったばかりだったため、この造語によって大宅は日本の「テレビ時代の初期においてその弊害を看破した」と鷹橋信夫は評している[3]

大宅壮一がこの記事を書く動機となったのは、三國一朗司会の視聴者参加番組『ほろにがショー 何でもやりまショー』(日本テレビ1956年11月3日放送分)であるとされている。大宅の娘でジャーナリストの大宅映子の談話によると、出演者が早慶戦で慶應側の応援席に入って早稲田の応援旗を振り、大変な騒ぎになって摘み出される場面を見た大宅は「阿呆か!」と呟いたという。

このように、当時の識者たちはテレビを低俗なものと批判しているが、その背景には書物を中心とした教養主義的な世界観があった。

書物を読む行為は、自ら能動的に活字を拾い上げてその内容を理解する行為であり、それには文字が読めなければならないし、内容を理解するために自分の頭の中で様々な想像や思考を凝らさねばならない。これに対して、テレビは、単にぼんやりと受動的に映し出される映像を眺めて、流れてくる音声を聞くだけである点から、人間の想像力や思考力を低下させる、といったことを指摘している。

「一億総**」という用法に関しては、これ以前にも太平洋戦争本土決戦が差し迫った際の「一億玉砕」「進め一億火の玉だ」、敗戦後の「一億総懺悔」(当時の東久迩宮首相)といった語もあり、大勢に流れ易く流れに棹差す日本人の集団主義心性も表している。高度経済成長以後には55年体制下安定した政治経済を背景に貧富の差の少なくなった「一億総中流」といった語も生まれた。2015年には「一億総活躍」なる言葉も生まれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京新聞系の週刊誌。1955年、同紙の付録として創刊、翌年独立。1959年2月末休刊。全222号
  2. ^ その後、大宅壮一は『文藝春秋』誌1962年5月号掲載の、ソニー製5型白黒テレビ受像機広告に出演した。
  3. ^ a b c 鷹橋信夫「一億総白痴化」『大衆文化事典』1991年p49-50
  4. ^ 今野勉『テレビの青春』,NTT出版,2009,p25-26