一倉定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一倉 定(いちくら さだむ、1918年4月-1999年3月)は群馬県出身の経営コンサルタント。5000社を超える企業を指導し、多くの倒産寸前の企業を立て直したとされる[誰によって?]。経営コンサルタントの第一人者とされ[誰によって?]、苛烈なまでに経営者を叱り飛ばす姿から「社長の教祖」「炎のコンサルタント」との異名を持つ。”ダメな会社はTOPがすべて悪い、人のせいにするな、部下のせいにするな、環境のせいにするな”が基本方針。空理空論で経営する社長や、利益だけを追求する社長に対しては、烈火の如く怒り叱り飛ばすとされ、「こんなに叱られるのは生まれて初めてだ」「講義と聞いて来たが、これは講義ではない、落雷だ」との所感を述べる経営者[誰?]もいる。後継者に不安を抱く創業者[誰?]からも人気で、いわばダメ社長の再生人として不動の地位を誇る。

語録[編集]

  • 経営とは「外部」に対応するものであって、断じて企業の「内部」に対応するものではないのだ。(社長の条件)
  • 事業経営の成否は、99%社長で決まる
  • 「いい会社とか悪い会社とかはない。あるのは、いい社長と悪い社長である。」
  • 電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である。「社長が知らないうちに起ったこと」でもすべて社長の責任なのだ。(一倉定の社長学より)
  • 『優れた社長は、「うちの社員はよくやってくれる」 と人に語り、 能力のない社長ほど社員の無能ぶりを他人にこぼす。
  • 事業経営にきれい事は危険である。
  • 事業は学問でもなければ理論でもない。 事業の存続を実現する戦いなのである
  • ボロ会社ほどスローガンが多い
  • お客様が買うのは商品ではない。商品の持つはたらきである
  • 数字は読むもの、計算はさせるもの
  • 会社の赤字は、お客様を忘れたのが原因である
  • 目標不達成の原因究明よりも、どうすれば達成できるかを考えよ

著書[編集]

  • あなたの会社は原価計算で損をする (1963年)
  • マネジメントへの挑戦 (1965年)
  • 社長学―こんな経営者が会社をつぶす (1968年)
  • 社長の姿勢 (1980年) 1980年10月
  • ゆがめられた目標管理―企業目標とその展開 (1969年)
  • 人間社長学―社長の人間的側面と企業一体化への道 (1971年)
  • 一倉定の社長学―経営戦略・利益戦略 (1975年版)
  • 一倉定の社長学 経営戦略 (第1巻) 1993年
  • 一倉定の社長学 経営計画・資金運用 (第2巻) (1976年)
  • 一倉定の社長学 販売戦略・市場戦略 (第3巻) 1986年4月15日
  • 一倉定の社長学 新事業・新商品開発 (第4巻) (1980年)1980年1月
  • 一倉定の社長学 増収増益戦略 (第5巻) (1979年) 1979年10月
  • 一倉定の社長学 内部体勢の確立 (第6巻) 1986年3月3日
  • 一倉定の社長学 社長の条件 (第7巻) (1980年)1980年2月
  • 一倉定の社長学 市場戦略・市場戦争 (第8巻) 1998年5月
  • 一倉定の社長学〈別巻 2〉経営計画実例第二集 (1980年)
  • 社長の条件篇 (一倉定の社長学) 1986年4月17日
  • 経営戦略・利益戦略篇 (一倉定の社長学) 1986年7月1日
  • 社長の販売学 1991年9月
  • 経営計画書モデル書式集 1992年10月
  • 一倉定の社長学 (別巻4 経営計画実例第3集) 1992
  • 食事を変えなければ大和民族は衰亡する 1995年11月
  • 経営の思いがけないコツ 1997年9月
  • 経営の思いがけないコツ 皮革携帯版 1997年9月1日
  • 正食と人体―一倉定の体験的健康学 1997年10月
  • 一倉定の経営心得 1999年6月

CD・ビデオ[編集]

  • CD 「中小企業の社長学」 2010年11月30日
  • CD 「一倉定の社長学百講」 2003年1月1日
  • 一倉定の社長学ビデオシリーズ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]