一之森城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
一之森城
愛媛県
別名 一ノ森城
城郭構造 山城
築城年 南北朝時代以前
主な城主 竹林院氏
廃城年 天正11年(1583年)頃?
位置 北緯33度16分32.0秒
東経132度38分17.0秒
座標: 北緯33度16分32.0秒 東経132度38分17.0秒

一之森城(いちのもりじょう)は、愛媛県北宇和郡鬼北町に存在した日本の城山城)。

概要[編集]

標高266mの山頂を人工的に平坦地とし、そこに城が築かれていた。東麓の是延と南麓の西仲から登ることができる。

永徳元年(1381年)頃に竹林院公明宇和郡に移り、以降竹林院氏が居城とした。(1441年)の嘉吉の乱の際には、赤松満祐を討つため竹林院氏は立間公広とともに播磨国に出兵している。しかし室町時代後期になると勢力が衰え、戦国時代末期には土佐一条氏長宗我部氏から侵攻を受け、天正11年(1583年)には長宗我部元親の部将・久武親直が当城に兵糧攻めを行い、城側の竹林院実親は降伏して城を離れた。その後、竹林院氏は近くの村に居住していたという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]