ヴワディスワフ・レイモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Władysław Reymont
ヴワディスワフ・レイモント
Wladyslaw Reymont 1924.jpg
誕生 Stanisław Władysław Rejment
(1867-05-07) 1867年5月7日
ポーランド立憲王国 ウッチ県
死没 1925年12月5日(1925-12-05)(58歳)
ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
主な受賞歴 ノーベル文学賞(1924)
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1924年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:彼の偉大なる国民的叙事詩"農民"に対して

ヴワディスワフ・レイモントWładysław Stanisław Reymont1867年5月7日 - 1925年12月5日)はポーランド小説家1924年ノーベル文学賞受賞。

人物[編集]

ポーランドのコビェレ・ヴィェルキェ (enの農村でオルガン弾きの息子として生まれた。幼少より演劇に熱中し、定職につくことなくポーランド中を放浪した。1895年に発表したルポタージュヤスナ・グラへの巡礼』で自身の持つ文学的才能を評価され、小説家としての地位を確立する。

四季折々のポーランド農民の生活をつぶさに描いた作品『農民』で国内だけでなく国際的な評価も得て、1924年、ノーベル文学賞を受賞した。

現在、ポーランドのウッチには、彼にちなんだ「ウッチ・ヴワディスワフ・レイモント空港」という名の空港がある。

主な作品[編集]

  • 『出会い』(1879年)
  • 『ヤスナ・グラへの巡礼』 (pl(1895年)
  • 『喜劇女優』 (pl(1896年)
  • 『酵母』(1897年)
  • 『約束の地』 (en(1899年)
  • 『農民』 (en(1902年-1909年)
  • 加藤朝鳥 [訳] 『農民 第1-4』 春秋社。(1925年-1926年)
  1. ―――― [訳] 『第1 秋』 春秋社〈農民〉、1925年[1][2][3]
  2. ―――― [訳] 『第2 冬』 春秋社〈農民〉、1925年[4][5]
  3. ―――― [訳] 『第3 舂』 春秋社〈農民〉。[5][6]
  4. ―――― [訳] 『第4 夏』 春秋社〈農民〉、1926年[5][7]
  • 「農人 ラジラス・レイモント」『世界田園文学 : 名作選集』、387頁。[8]
  • 男沢 淳「レイモント「農民」――世界の農民文学作品 -2-」、『農民文学』4 (通号)、農民文化協会、1951年12月、 50-51頁。[9]
  • 柏木智二「レイモント『農民』」
  1. ――――「海外の文学 レイモント『農民』(上) 圧政下のポーランド農民の総体を活写」、『農民文学』第186号、日本農民文学会、国分寺、1983年7月、 74-81頁。[10]
  2. ――――「海外の文学 レイモント『農民』(中)」、『農民文学』第187号、日本農民文学会、国分寺、1983年11月、 106-112頁。[11]
  3. ――――「海外の文学 レイモント『農民』(下)」、『農民文学』第188号、日本農民文学会、国分寺、1984年1月、 85-98頁。[12]
  • 歴史三部作(1913年 - 1918年)
    • 『ポーランド士族共和国の最後の議会』[13]
    • 『ニル・デスペランドゥム』[14]
    • 『蜂起』[14]
  • 上田行夫 [訳] 『阿片窟にて』 紅玉堂書店〈大衆文庫 (文芸 1)〉、1930年[14]
  • 「最後のひとり, 奈落の底, 秋の夜, 阿片窟」『第11 祖国に告ぐ 悲しみの家』 今日の問題社〈ノーベル賞文学叢書〉、1941年[14]
    • 「最後のひとり, 奈落の底, 秋の夜, 阿片窟」『ノーベル賞文学叢書』 東京 : 本の友社、2005年12月、復刻版。 - 初版は今日の問題社刊(1941年)。[15]
  • 日本児童文芸家協会 [編]、帆足次郎 [絵] 「強情な子 レイモント(ポーランド)一九二四年」『美しいたましいの歌』 東西文明社〈少年少女のための世界ノーベル賞文庫 ; 1(文学賞編 上)〉、1956年、197頁。[16]
  • 丸山義二「読書案内 戦歿農民兵士の手紙とレイモントの農民」、『農業世界』第56巻第10号、博友社、19611-1、 230頁。[17]
  • 「レイモント」『クヌート・ハムスン.アナトール・フランス.ヴワディスワフ=スタンスワフ・レイモント』 主婦の友社〈ノーベル賞文学全集 (4)〉、1971年[18]
  • 金子佳代 [訳]、関口時正 [訳] 「春・二題」『ポーランド文学の贈りもの』 恒文社、1990年1月
  • ヴワデァスワフ・レイモント [原作]; アンジェイ・ワイダ [監督・脚本]; ダニエル・オルブルィフスキ [ほか出演] (2011年9月). 約束の土地 [Ziemia obiecana]. 紀伊國屋書店. 

脚注[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ―――― [訳] 『第1 秋』 春秋社〈農民〉。2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  2. ^ ―――― [訳] 『第1 秋』 三笠書房〈農民〉、1939年2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  3. ^ 新居格 [訳] 『農民 第1部』 文学社、1945年2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  4. ^ ―――― [訳] 『第2 冬』 春秋社〈農民〉、1925年2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  5. ^ a b c 冊子体、3冊 - ―――― [訳] 『第2-4部』 三笠書房〈農民〉、1939年
  6. ^ ―――― [訳] 『第3 舂』 春秋社〈農民〉。2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  7. ^ ―――― [訳] 『第4 夏』 春秋社〈農民〉、1926年2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  8. ^ 和田伝 [訳]「世界田園文学 : 名作選集 298」、文教書院、1927年2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  9. ^ 男沢 淳「レイモント「農民」――世界の農民文学作品 -2-」、『農民文学』4 (通号)、農民文化協会、1951年12月、 50-51頁、2018年4月10日閲覧。 - デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)
  10. ^ 柏木智二「海外の文学 レイモント『農民』(上)」 - 国立国会図書館内/図書館送信のデジタル資料
  11. ^ 柏木智二「海外の文学 レイモント『農民』(中)」 - 国立国会図書館内/図書館送信のデジタル資料
  12. ^ 柏木智二「海外の文学 レイモント『農民』(下)」 - 国立国会図書館内/図書館送信のデジタル資料
  13. ^ 根岸 謙 「レイモント」『ポーランド事情』 博文館〈博文館時局叢書 (第1輯)〉、1940年
  14. ^ a b c d デジタル版(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開) - 「最後のひとり, 奈落の底, 秋の夜, 阿片窟」『第11 祖国に告ぐ 悲しみの家』 今日の問題社〈ノーベル賞文学叢書〉、1941年2018年4月10日閲覧。 第11巻掲載の一覧
    • 「レイモント」馬場清彦 [筆] p.1
    • 「祖國に急ぐ」三宅史平 [訳] p.3
    • 「最後のひとり」―――― [訳] p.31
    • 「奈落の底」―――― [訳] p.51
    • 「秋の夜」―――― [訳] p.67
    • 「阿片窟」馬場清彦 [訳] p.85
  15. ^ 本の友社版復刻『ノーベル賞文学叢書』11巻掲載のレイモント作品一覧。
    • 「祖国に告ぐ」三宅史平 [訳]
    • 「最後のひとり」―――― [訳]
    • 「奈落の底」―――― [訳]
    • 「秋の夜」―――― [訳]
    • 「阿片窟」馬場清彦 [訳]
  16. ^ 国立国会図書館内/図書館送信 - 日本児童文芸家協会 [編]、帆足次郎 [絵] 「強情な子 レイモント(ポーランド)一九二四年」『美しいたましいの歌』 東西文明社〈少年少女のための世界ノーベル賞文庫 ; 1(文学賞編 上)〉、1956年、197頁。2018年4月10日閲覧。
  17. ^ 丸山義二『読書案内・戦没農民兵士の手紙とレイモントの農民」のデジタル版は国立国会図書館限定で閲覧可能。
  18. ^ 「正義」(米川和夫 [訳])、「秋の一夜」(―――― [訳])、「人と作品」(ヨセプトリプッコ [著] 大久保和郎 [訳])、「著作目録」(米川 [編])。

関連項目[編集]