ヴルタヴァ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴルタヴァ川(モルダウ川)
Vltava Praha.jpg
プラハ市内(2009年4月18日撮影)
水系 エルベ川
延長 430 km
平均流量 149.9 /s
流域面積 28,090 km²
水源 チェルナー・ホラ
水源の標高 1,172 m
河口・合流先 ムニェルニーク(エルベ川)
流域 オーストリアドイツチェコ
テンプレートを表示
ヴルタヴァ川とその流域

ヴルタヴァ川チェコ語Vltava [ˈvl̩tava] ( 聞く), ドイツ語Moldau [ˈmɔldaʊ])は、チェコ国内最長のである。ボヘミア盆地の水を集めプラハを通ってからに流れ、エルツ山脈とズデーテン山脈に切れ目を通り、北ドイツ平原に流れ出てラベ川(エルベ川)に合流する。 さらに、ドレスデン、マグデブルク、ハンブルクなどの都市を潤して北海に抜ける。また、南に遡って、ボヘミヤの森をこえるとドナウ川に至り、黒海にそそぐ。 日本ではモルダウ川(ドイツ語)として知られる。川幅500メートルほどでプラハの旧市街と城下町を隔てている。

チェコのシュマヴァ山地のチェルナー・ホラ山(Černá hora)付近や、ドイツ側のバイエルンの森に発する複数の川を源流とする。ヴルタヴァ川に建設されたダムのうち、最大規模の人工湖であるリプノ湖(Lipno)を経て、ヴィッシー・ブロトで大きく流れを北に変えた後、チェスキー・ブジェヨヴィツェプラハを経てムニェルニークでラベ川に合流する。川には浅瀬が多く、昔はスラブ人のチェヒ族がそこに移住してきた。大量の荷物を舟運を利用し、内陸部のあちこち運んだと想像できる。 冬になると、この岸辺に、毎年北の国からハクチョウ、ユリカモメ、カモなど5000羽近い水鳥が飛来してくる。

歴史[編集]

チェコの作曲家スメタナは連作交響詩『わが祖国』の第2曲でヴルタヴァ川を題材としている。作曲された19世紀後半は、当地はオーストリア=ハンガリー帝国ハプスブルク君主国)統治下にあり、ドイツ語が広く使われていたこともあってか、同曲は地名と同様にチェコ語名のヴルタヴァだけでなく、ドイツ語名のモルダウとしても知られている。

2002年8月、欧州洪水英語版が起こった。

ギャラリー[編集]

 
 
 

流域の都市[編集]

関連項目[編集]