ヴォー=アン=ヴラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vaulx-en-Velin
Blason ville fr Vaulx-en-Velin (Rhône).svg
Vaulx-en-Velin Hôtel de ville.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) メトロポール・ド・リヨン
(arrondissement) リヨン郡
小郡 (canton) ヴォー=アン=ヴラン小郡
INSEEコード 69256
郵便番号 69120
市長任期 ベルナール・ジュナン
2008年-2014年
人口動態
人口 40,626人
(2007)
人口密度 1,940人/km2
住民の呼称 Vaudais[1]
地理
座標 北緯45度46分37秒 東経4度55分07秒 / 北緯45.7768388888度 東経4.9185888888度 / 45.7768388888; 4.9185888888座標: 北緯45度46分37秒 東経4度55分07秒 / 北緯45.7768388888度 東経4.9185888888度 / 45.7768388888; 4.9185888888
標高 平均:m
最低:167 m
最高:250 m
面積 20.94km2 (2 094ha)
Vaulx-en-Velinの位置(フランス内)
Vaulx-en-Velin
Vaulx-en-Velin
公式サイト http://www.ville-vaulx-en-velin.fr/
テンプレートを表示

ヴォー=アン=ヴランVaulx-en-Velin)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏メトロポール・ド・リヨンの都市。リヨン北東部の郊外コミューンで、ブロンやデシーヌ=シャルピュー同様レスト・リヨネーズと呼ばれるコミューン群に含まれる。

由来[編集]

ヴォー=アン=ヴランの語源は明らかでない。ラテン語の語句Valles in Vellenoは、『ヒツジのいる谷』または『ヒツジのいる低地』を意味する(ラテン語のvellusはヒツジを意味する)。ヴランの名称は、中世初頭までこの一帯を覆っていた広大な森に生まれた、農村地帯を想起させる。18世紀末に作成されたカッシーニ地図においては、Veaux en Velinと記されていた。

歴史[編集]

ヴォー=アン=ヴランの名が最初に記されたのは1225年である。しかし、ワルドー派の創始者ピエール・ヴァルドーがヴォー=アン=ヴラン近郊で生まれたのは1140年頃と見られる。ヴォー=アン=ヴランはドーフィネに属し、フランス王国に併合されたのは1349年であった。

1790年、イゼール県のコミューンとなる。1852年、ローヌ県に併合された。ヴォー=アン=ヴランの歴史は繰り返されるローヌ川の洪水と、湿地の開拓との戦いであった。

1905年、電気がコミューンに引かれた。1929年のコミューン選挙ではフランス共産党が勝利し、以後第二次世界大戦期を除いて共産党や左翼が議会主流を占める。

1950年代から1960年代にかけて進められた都市開発地帯(ZUP)によって、人口が急激に増加した。工業地帯を擁する工業都市である一方、ヴォー=アン=ヴランはベッドタウンでもある。

交通[編集]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gentilé sur le site habitants.fr Consulté le 17/07/2008.