ヴェロイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェロイア
Βέροια
市の景観
市の景観
所在地
ヴェロイアの位置(ギリシャ内)
ヴェロイア
ヴェロイア
座標 北緯40度31分 東経22度12分 / 北緯40.517度 東経22.200度 / 40.517; 22.200座標: 北緯40度31分 東経22度12分 / 北緯40.517度 東経22.200度 / 40.517; 22.200
行政
国: ギリシャ
地方: 中央マケドニア
: イマティア県
首長: Konstantinos Vorgiazidis
人口統計 (2011年)
ディモス
 - 人口: 66,547 人
 - 面積: 791.4 km2
 - 人口密度: 84 人/km2
旧自治体
 - 人口: 48,306 人
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
標高: 128 m
郵便番号: 591 31, 591 32
市外局番: 2331
自動車ナンバー: ΗΜ
公式サイト
www.veria.gr

ヴェロイア(現代ギリシア語ではヴェリア)ギリシア語: Βέροια, Βέρροια) / Veroia, Veria)は中央マケドニア地方の都市で、イマティア県の県都。首都アテネから511km北東に位置する。現地ではヴェリアと呼ばれている。

ヴェロイアのギリシャの中でも歴史は古く、紀元前432年にトゥキディデスの記録で初出しており、紀元前1000年に人類が居住している証拠もある[1]。ヴェロイアはマケドニアピリッポス2世アレクサンダー大王の父)の重要な領土であった。使徒パウロはこの地で説教をしたのが有名で、ローマ帝国のなかでも住民が初めてキリスト教徒となった。東ローマ帝国オスマン帝国時代でもギリシャ文化の中心地であった。今日、ヴェロイアは中央マケドニア地域の中心地である。

ピリッポス2世の墳墓を含むユネスコ世界遺産であるヴェルギナの遺跡は、ヴェロイア市街地から南東に12kmの位置にある。

2011年の行政改革で、アポストロス・パヴロス、ドヴラス、マケドニダ、ヴェルギナ、ヴェロイアの5つの旧市が合併し、現在のヴェロイア市となった。

ユダヤ人のシナゴーグ。ヴェロイアは第二次世界大戦までは、ロマニオットの居住地区であった
東ローマ帝国時代の「キリスト復活教会」

脚注[編集]

  1. ^ veria.gr Veria:Its history (greek) アーカイブ 2008年3月6日 - ウェイバックマシン accessed June 1, 2008.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]