ヴェルナッチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェルナッチャから作ったトスカーナワイン

ヴェルナッチャ(Vernaccia)は多くのイタリアワイン、特にトスカーナヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノに用いられる白ワイン用のブドウ品種である。ヴェルナッチャは多くのクローン亜種を持つが、サルデーニャシェリータイプのワインに使用されるヴェルナッチャ・ディ・オリスターノマルケ州の赤スパークリングワインであるヴェルナッチャ・ディ・セッラペトローナに用いられるヴェルナッチャ・ネーラとは類縁関係にない言われている[1]。これは、Vernacciaという言葉が「その土地固有の」という意味の"vernacular"に由来し、ローカルなブドウの名前に当てられたためという可能性がある[2]

歴史[編集]

トスカーナ州のヴェルナッチャは古代からある品種と考えられているが、ワイン学者の間では、このブドウの起源が東ヨーロッパであるか、ギリシアであるか、ローマであるか、意見が分かれている。中世の時代には、Vernageと呼ばれたヴェルナッチャのワインはロンドンで人気を集めた[3]

スタイル[編集]

ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノの白ワイン用ブドウは最も知られたヴェルナッチャの亜種で、良い酸味と柑橘感を持つキレの良いワインとなる。トレッビアーノと混合したり、単一品種のワインを作る[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jancis Robinson, ed (2015). The Oxford Companion to Wine (4th ed.). Oxford University Press. p. 779. ISBN 978-0-19-870538-3 
  2. ^ a b Oz Clarke (2001). Encyclopedia of Grapes. Harcourt Books. p. 273. ISBN 0-15-100714-4 
  3. ^ Jancis Robinson (1986). Vines, Grapes & Wines. Mitchell Beazley. p. 241. ISBN 1-85732-999-6