ヴェルサイユ条約 (1768年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1768年ヴェルサイユ条約フランス語: Traité de Versailles イタリア語: Trattato di Versailles)は、同年5月15日にヴェルサイユ宮殿で調印された、フランス王国ジェノヴァ共和国の条約。ジェノヴァが、統治が及ばなくなっていたコルシカ島領有権フランスに譲渡した。

ヴェルサイユ条約以前のジェノヴァとコルシカ島

1284年以来、コルシカ島はジェノヴァ共和国が支配してきた。しかし18世紀になると、コルシカ人は独立を志すようになった[1]。1736年にドイツ人のテオドール・フォン・ノイホフネーデルラント連邦共和国イギリスの支援をうけて「コルシカ王」を名乗ったが、8か月で失敗した。1755年、パスカル・パオリが恒常的な独立政権(コルシカ共和国)の建設に成功した。1764年、ジェノヴァはフランスにコルシカ派兵を要請した。フランスはコルシカ沿岸部を制圧し、共和国を孤立させるとともにイギリスの横取りを防いだ。

1768年のヴェルサイユ条約で、ジェノヴァは借金のかたとしてコルシカ島の領有権をフランスに譲渡した。衰退の止まらないジェノヴァには、他に借金を解消する手立てが無く[2]、またコルシカ独立運動を自力で制圧することもできなかった。

1768年9月、フランスのコルシカ征服が始まった。1869年5月のポンテ・ノーウの戦いでコルシカ島全土が制圧され[3]、コルシカ島はフランス革命勃発までフランス王の私領となった。

脚注[編集]

  1. ^ Ethnic Groups of Europe Cole, J. 2011. pp76-79. ABC-CLIO
  2. ^ Alberti Russell, Janice. The Italian community in Tunisia, 1861–1961: a viable minority. pag. 142.
  3. ^ 1001 Battles that Changed the Course of History Grant, R, G. 2011. Quintessence Editions. p446