ヴェリミール・フレーブニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェリミール・フレーブニコフ
Vélimir Khlebnikov.jpg
ペンネーム Велимир Хлебников
誕生 Виктор Владимирович Хлебников
(1885-11-09) 1885年11月9日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国アストラハン県
死没 (1922-06-28) 1922年6月28日(36歳没)
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国ノブゴロド県
職業 詩人
テンプレートを表示

ヴェリミール・フレーブニコフВелимир Хлебников1885年11月9日 - 1922年6月28日)は、ロシアの詩人。本名はヴィクトル・ヴラジーミロヴィチ・フレーブニコフ(Виктор Владимирович Хлебников

略歴[編集]

ロシア帝国アストラハン県の村落で誕生した。アルメニアおよびザポロージャ・コサックの家系[1]。3番目の子であり、母親はエカチェリーナ・ニコラーエヴナ・ヴェルピーツカヤ、父親は鳥類学者ヴラジーミル・アレクセーヴィッチ・フレーブニコフ[2]。1898年に一家はカザンに移り、地元にある学校に通う。卒業後、1903年にカザン大学理学部へ入学、数学や生物学を中心に学ぶ。日露戦争により日本語の独学を始め、日本海海戦敗戦の衝撃を『ものはみなあまりに蒼く』と題して詩作する。さらに学業を続けるため1908年にペテルブルクに上京し、1911年に中退するまでペテルブルク大学に通った[3]。在学中から詩を書き始める。ペテルブルクで多くの駆け出しの詩人たちと知り合う。やがて未来派詩人としてザーウミや新造語をたくみに操りながら、めきめきと存在感を増し始める。「シャーマンとヴィーナス」などさまざまな作品を発表。スラブ異教や古代世界に憧れを抱き、その所望を作品に表現している。フレーブニコフは各地を彷徨い続け、1922年にノヴゴロド県の村で死去した。モスクワにあるノヴォデヴィチ墓地に埋葬されている。

作品[編集]

日本語訳[編集]

研究書[編集]

  • 亀山郁夫『甦るフレーブニコフ』晶文社、1989年(平凡社ライブラリー、2009年)

関連人物[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]