ヴェラ・ラルストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴェラ・ラルストンVera Ralston, 本名:Věra Helena Hrubá, 1919年 - 2003年2月9日)はフィギュアスケート選手。後に女優。

チェコスロヴァキアプラハの裕福な宝石商の家庭に生まれる。1930年代にはフィギュアスケート選手として活躍し、1936年のヨーロッパフィギュアスケート選手権で15位、同年のガルミッシュパルテンキルヒェンオリンピックに15歳でチェコスロヴァキア代表として出場し17位となる。この時、アドルフ・ヒトラーに会う機会があり、ヒトラーに「鍵十字のためにスケートをしてもらえるか」と聞かれ、彼女は「鍵十字の上を滑る方がいい」と答えたという。 翌1937年のヨーロッパ選手権では7位となった。

第二次世界大戦が勃発すると1940年代にアメリカに移住。1943年にリパブリック・ピクチャーズと契約してハリウッド映画に出演するようになる。出演作品としてはジョン・ウェインと共演した「ダコタ荒原」や「ケンタッキー魂」などがある。1952年にリパブリック・ピクチャーズのオーナーであったハーバート・J・イエーツと結婚。1958年に女優業を引退した。

外部リンク[編集]