ヴェヒンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Wechingen COA.svg Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
市町村連合体: リース行政共同体
緯度経度: 北緯48度53分35秒 東経10度37分00秒 / 北緯48.89306度 東経10.61667度 / 48.89306; 10.61667座標: 北緯48度53分35秒 東経10度37分00秒 / 北緯48.89306度 東経10.61667度 / 48.89306; 10.61667
標高: 海抜 413 m
面積: 24.03 km2
人口:

1,419人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 59 人/km2
郵便番号: 86759
市外局番: 09085
ナンバープレート: DON, NÖ
自治体コード:

09 7 79 226

行政庁舎の住所: Im Unterdorf 7
86759 Wechingen
ウェブサイト: www.wechingen.de
首長: クラウス・シュミット (Klaus Schmidt)
郡内の位置
Wechingen in DON.svg
地図

ヴェヒンゲン (ドイツ語: Wechingen) はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ネルトリンゲンに本部を置くリース行政共同体を構成する自治体の一つである。

地理[編集]

ヴェヒンゲンは、隕石の衝突により形成されたリース内のアウクスブルク開発計画地域に位置している。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • フェッセンハイム
  • ホルツキルヒェン
  • ヴェヒンゲン

歴史[編集]

ヴェヒンゲンは、エッティンゲン=シュピーベルク侯領に属した。この町は1806年ライン同盟によりバイエルン領となった。1818年に現在の自治体が成立した。1978年にそれまで独立した町村であったフェッセンハイムとホルツキルヒェンが合併した。

人口推移[編集]

  • 1970年 1,464人
  • 1987年 1,317人
  • 2000年 1,384人

行政[編集]

町長は、2008年以降クラウス・シュミット (Wählergemeinschaft) が務めている。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

フェッセンハイムは鉄道の旧ネルトリンゲン - ヴェムディング線沿いに位置している。この路線は1903年に開通し、1981年に旅客運行を廃止した。

引用[編集]

外部リンク[編集]