ヴェツリガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 リガ歴史地区
ラトビア
リガ旧市街
リガ旧市街
英名 Historic Centre of Riga
仏名 Centre historique de Riga
面積 438.3 ha
(緩衝地帯 1,574.2 ha)
登録区分 文化遺産
文化区分 建造物群
登録基準 (1), (2)
登録年 1997年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ヴェツリガの位置
ヴェツリガの位置(リガ市街内)
ヴェツリガ
ヴェツリガの位置(ラトビア内)
ヴェツリガ
使用方法表示

ヴェツリガ(Vecrīga、ヴェツリーガとも)、はラトビアリガダウガヴァ川東海岸にあるリガ歴史地区の中心地である。ヴェツリガとはラトビア語旧市街の意味であり、バルト海の真珠の異名を持つリガの千古の姿を今もなお残している。

歴史[編集]

19世紀後半に市域が拡大されるまでヴェツリガはリガ市そのものだった。かつて、ヴェツリガはダウガヴァ川畔に面した場所を除き市内を囲む城壁で防御されていたが、城壁が取り壊された時にダウガヴァ川の水が城壁のあった場所を埋め、現在そこは運河となっている[1]

世界遺産[編集]

1980年代ヴェツリガの通りは車両通行禁止区域に指定され、住人用の乗り物や配達用乗り物の乗り入れだけが市の特別許可で可能となった。ヴェツリガは国際連合教育科学文化機関(通称UNESCO)の世界遺産リストにリガ歴史地区として登録された[2]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

名所[編集]

バルトのパリとも称されるヴェツリガを彩るのは有名で歴史のある建造物であるリガ大聖堂聖ペテロ教会などである。他にも外国人商人の為に建てられた集会所であるブラックヘッドのギルド英語版[3]や、猫の家リヴォニア騎士団の大豪邸英語版などヴェツリガには歴史的建造物が数多く存在し、何れも必見の価値があるものである。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]