ヴェコスラヴ・ルブリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェコスラヴ・ルブリッチ
Vjekoslav Luburić
Vjekoslav Luburić.jpg
生誕 1913年6月20日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国リュブシュキ英語版フマツ英語版
死没 (1969-04-20) 1969年4月20日(55歳没)
スペインの旗 スペインカルカイクセント英語版
所属組織 Ustaše symbol.svg ウスタシャ民兵組織英語版
War flag of Croatia (1941–1945).svg クロアチア国軍英語版
クリジャリ英語版
軍歴 1929 - 1945
最終階級 ウスタシャ民兵大佐
テンプレートを表示

ヴェコスラヴ・ルブリッチVjekoslav Luburić1913年6月20日 - 1969年4月20日)は、クロアチアの軍人。ウスタシャ民兵大佐。セルビア人ユダヤ人の大量虐殺の責任者の1人であり、マックス(Maks)とも呼ばれた。

経歴[編集]

フマツ出身。ウスタシャ民兵の副司令官。後にウスタシャ保安庁(Ustaska Nadzorna Sluzba;略称UNS)第3部を率い、クロアチア国内の強制収容所を監督した。

1944年、クロアチア独立国軍(ドモブラン)とウスタシャ民兵の統合後、軍に移る。アンテ・パヴェリッチの政敵であったアンテ・ヴォキッチ英語版ムラデン・ロルコヴィッチ英語版の除去を組織。後に保安旅団長に任命され、1945年5月6日、クロアチア国軍英語版司令官となった。

戦後、クロアチア人の将官の大部分はオーストリアに亡命したが、ルブリッチはクロアチアに留まり、ウスタシャのパルチザン部隊を率いた。1945年11月にオーストリア、その後イタリアフランスを経由してスペインに亡命した。1955年までパヴェリッチの側近。その後、ウスタシャ移民組織である「クロアチア人民抵抗英語版」を率いる。1969年にユーゴスラビアの特務機関により暗殺。


関連項目[編集]