ヴィーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴィーゲン
Viguen
Vigen.jpg
基本情報
出生名 Vigen Derderian
別名 Vigen
生誕 (1929-11-23) 1929年11月23日
イランの旗 ペルシアハマダーン
死没 (2003-10-26) 2003年10月26日(73歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロックポップ・ミュージックジャズ
職業 歌手俳優
担当楽器 ギター
活動期間 1951年 – 2001年
レーベル Avang Records, Caltex Records, Pars Video, Taraneh Enterprises Inc

ヴィーゲンVigen または Viguen、本名: Vigen Derderianペルシア語: ویگن دردریان‎, Vigen Derderyân ; アルメニア語: Վիգէն Տէրտէրեան[注釈 1][3], Vigen Tērtērian[4]1929年11月23日 - 2003年10月26日)はイランの歌手、俳優。「イラン・ポップの王 (King of Iranian pop)」および「ジャズの王様 (Sultan of Jazz)」として知られ、近東で活躍した[5]。ヴィーゲンはペルシア語アルメニア語の両方で歌った。

ヴィーゲンはイラン系アルメニア人英語版のルーツをもち、ペルシアン・ポップ黄金時代(1970年代初頭からイラン革命により1979年に禁止されるまで)には、多数のイランの有名人(デルカシュ英語版 、プーラン、 エラヘ英語版など)が関係を切望していた。

ヴィーゲンの革新的で明るいスタイルの音楽は、西ヨーロッパラテンアメリカのスタイルの影響を受けており、イラン音楽英語版の開拓に大きな影響を与えた。ヴィーゲンの音楽と演奏の才能はすぐに Parveez Vakili や Kareem Fakkour などのイランの作詞家作曲家の目に留まり、数曲の「イランで最も記憶に残る歌」を共作した[6]

若年期[編集]

ヴィーゲンはイラン西部の都市ハマダンでイラン系アルメニア人の家庭に8人きょうだいのうちの一人として誕生した[6]。父親はヴィーゲンが8歳のときに肺炎の合併症で死去。家庭内の問題で自宅を離れ、母親と兄のザヴェン (Zaven) のもとで育った。兄のカロ・デルデリアン (Karo Derderian) は詩人であり、ヴィーゲンの代表曲 "لالایی"(子守唄)を作詞した。

第二次世界大戦中、一家はタブリーズ北部の街に移った。タブリーズのあるアーザルバーイジャーン地域では、民族主義者が占領ソビエト軍の支援を受けてアゼルバイジャン国民政府の樹立を宣言した[6] 。ここでヴィーゲンはロシア兵から初めてギターを購入し、アメリカ・イタリア・スペインの音楽への親近感を覚えた。それらの曲をペルシア語の歌詞に取り入れ、それは今日までイランで人気のある音楽となった[7]

アーティストとしての出世[編集]

ヴィーゲンは10代半ばにテヘランに移り、1951年にはテヘラン北部にある高級レストラン「カフェ・シェミラン」に演奏家として雇われた[6] 。 ヴィーゲンの容貌や体格、運動能力や愛想のよさは一部のファンによってエルヴィス・プレスリーと並んで評価され、特に1950年代から1960年代にかけて自由主義の考えを持つ若い女性には、イラン初のポップ・スターとして人気を博した。また、ヴィーゲンはギターを用いてパフォーマンスをする初めてのイランの芸能人のひとりであった[6]

晩年の作品[編集]

1971年、ヴィーゲンは米国カリフォルニア州移住した。 ヴィーゲンは毎年イランに戻り、コンサートやラスベガス式のナイトクラブでの演奏を行った。 1979年イラン革命後、イランではポップ・ミュージックイラン・ポップ)が禁止されたためイランを追放された。2001年2月、ロサンゼルスハリウッド・パラディアム英語版で自身のキャリア50周年を祝った[6]

ヴィーゲンの代表曲には、Baroon Barooneh(雨が降っている)、Asb-e Ablagh(サラブレッド馬)、Mahtab(月光)、Lala'ee(子守唄)、Gol-e Sorkh(赤い薔薇)、Ragheeb(ライバル)、Simin-bariAwazekhan(歌手)、Del-e Divaneh(狂気の心)などがあり、長いキャリアの中で600曲以上をレコーディングした。

映画[編集]

ヴィーゲンの映画デビュー作は、1955年にアルメニア系イラン人の映画監督サミュエル・ハチキアン英語版Chahar-rahe Havades(事件の交差点)である。 後年、ハチキアンをはじめとする様々な監督やプロデューサーの映画に出演した。その中には、Zalem bala (1956年、Siamak Yasemi[8]Tappeheh Eshgh(1959年、ハチキアン)[9]Arshin Malalan および Cheshmehe oshaq(1960年、Samad Sabahi)[10]Atash va khakestar(1961年、ホスロウ・パルヴィージ英語版[11]Arooseh Darya(1965年、Arman)[12]などがある。

私生活[編集]

ヴィーゲンは最初の妻オルガ (Olga) との間に女優のアイリン (Aylin/Eileen/Ailen Vigen)、アイリンの二卵性の姉妹で歌手のジャクリン (Jaklin Munns, Jaklin/Jacqueline Vigen)、カトリン (Katrin Vigen) の3人の娘がいる。2番目の妻ナディア (Nadia) との間には娘のエヴェリン (Evelyn Vigen) と息子のエドウィン (Edwin Derderian)とがいる[13]。3番目の妻はカレン・ホルストン・デルデリアン (Karen Holston Derderian, 1951 - 2015) で[14]、連れ子のロビン・ナヴォンヌ・ブレイクフィールド (Robin Navonne Brakefield) がいる。

病死[編集]

2003年10月26日、米国の自宅でのため74歳で死去、カリフォルニア州ウェストレイクビレッジのピアス・ブラザーズ・バレー・オークス・メモリアル・パークに埋葬された[7] 。生前、ヴィーゲンは600曲以上の曲を録音し、6つの映画で主演し、 ボブ・ホープ・ショー英語版ジャック・ベニー・ショー英語版、テレビドラマのスパイ大作戦などの人気テレビ番組に出演した[15]

ディスコグラフィ[編集]

関連項目[編集]

(いずれも英語版Wikipedia)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東アルメニア語を話すイラン系アルメニア人 (Iranian Armenian) のコミュニティで用いられる古典的なアルメニア語の正書法 (Classical Armenian orthography)による。新正書法 (Armenian orthography reform) では Վիգեն Տերտերյան[1] または Վիգեն Տերտերեան、西アルメニア語では Վիգէն Դէրդէրեան または Վիգէն Տէրտէրեան[2]

出典[編集]

  1. ^ Փոլ Մաքքարթնին և Վիգեն Տերտերյանը՝ 1968 թվականին Թեհրանում [Paul McCartney and Viguen Derderian in 1968 in Tehran]” (Armenian). Sputnik Armenia (2017年7月24日). 2019年9月7日閲覧。
  2. ^ 50 տարի առաջ.... [50 Years Ago....]” (Western Armenian). Azat Or Archive. Azat Or (2015年11月30日). 2019年9月7日閲覧。
  3. ^ Viguen Armenian Songs”. Spotify. 2019年9月8日閲覧。
  4. ^ Abrahamyan (2011年9月1日). “Milanda de Mont: “My life is art, art is my life””. Hayern Aysor. 2019年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月8日閲覧。 “[...] most of my relatives are artists. Vigen Terterian is my mother’s uncle’s son.”
  5. ^ Saba (2003年10月27日). “Iranian pop legend dies at 74”. BBC News. BBC News. 2014年8月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Sadeq Saba (2003年11月26日). “Obituary: Vigen Derderian | World news”. London: The Guardian. https://www.theguardian.com/iran/story/0,12858,1093324,00.html 2013年10月16日閲覧。 
  7. ^ a b Iran Chamber Society page on Vigen Derderian”. Iranchamber.com. 2013年10月16日閲覧。
  8. ^ Syamak Yasami”. IMDb. 2019年11月18日閲覧。
  9. ^ Samuel Khachikian”. IMDb. 2019年11月18日閲覧。
  10. ^ Samad Sabahi”. IMDb. 2019年11月18日閲覧。
  11. ^ Khosrow Parvizi”. IMDb. 2019年11月18日閲覧。
  12. ^ Aramais Vartan Yousefians”. IMDb. 2019年11月18日閲覧。
  13. ^ Zinder (1992年3月19日). “The King of Persian Pop: Never a Dull Nouruz”. Los Angeles Times. Los Angeles Times. 2014年8月18日閲覧。
  14. ^ Karen Derderian Obituary”. Valley Oaks-Griffin Memorial Park, Mortuary & Crematory. 2016年3月6日閲覧。
  15. ^ Vigen, Iran’s King of Pop Passed Away”. Iran Dokht. Iran Dokht (2003年). 2014年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]