ヴィンツェンツ・リヒテンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィンツェンツ・リヒテンシュタインVincenz Liechtenstein, 1950年7月30日 - 2008年1月14日)は、オーストリアの政治家。オーストリア国民党所属。

リヒテンシュタインフランツ・ヨーゼフ2世の従弟にあたるハインリヒ・リヒテンシュタイン(1916年 - 1991年)と、最後のオーストリア皇帝カール1世の末娘エリーザベト英語版の間の長男としてグラーツで生まれた。全名はヴィンツェンツ・カール・アルフレート・マリア・ミヒャエルVincenz Karl Alfred Maria Michael)である。1969年にグラーツの公立実科中等教育学校を卒業し、グラーツ大学で法学を専攻、1975年に同大学の法学博士号を取得した。その後は林業会社の経営に携わった。

1974年、伯父のオットー・フォン・ハプスブルクが会長を務める国際汎ヨーロッパ連合の下部組織・青年ヨーロッパ学生運動(JES)ドイツ語版の共同創設者となる。またカトリック家族連盟(Katholischer Familienverband)やズデーテン・ドイツ人祖国協会英語版などの政治団体の幹部に名を連ねた。1998年、オーストリア共和国有功大栄誉章英語版(銀章星付)を政府より授与される[1]

連邦議会議員(任期:1988年 - 1996年、1997年 - 2004年)、国民議会議員(任期:2004年 - 2006年)と、上下院の国会議員を20年近くにわたり務めた。2005年、議会の会計検査委員会の会議に泥酔した状態で出席し、緑の党所属の幹部議員ペーター・ピルツ英語版の提議により会議が中止となったため、スキャンダルとして一斉に報道された[2]。国会議員の職を離れた2年後の2008年、居城のヴァルトシュタイン城ドイツ語版で突然死した[3]

1981年にフランス人貴族の娘エレーヌ・ド・コッセ=ブリサック(Hélène de Cossé-Brissac)と結婚し、1991年に離婚するまでに以下の2人の娘をもうけた。1999年にイタリア人のロベルタ・マネラ(Roberta Manera)と再婚した。

  • アーデルハイト・マリー・ベアトリーツェ・ツィタ(1981年 - ) - 2009年、ドミニク・クーデンホーフ=カレルギー伯爵と結婚
  • ヘートヴィヒ・マリア・ベアトリーツェ・ヘルミーネ(1982年 - ) - 2008年、オリヴィエ・ド・ケルン伯爵(Comte Olivier de Quélen)と結婚

参考文献[編集]

  • Europäisches Freiheitsinstitut (Hrsg.): Zum Gedenken an Dr. Vincenz Prinz von und zu Liechtenstein: Abgeordneter zum Bundesrat und zum Nationalrat d.D.; 1950 - 2008. Stocker, Graz 2009, ISBN 978-3-7020-1227-4.

脚注[編集]

  1. ^ Aufstellung aller durch den Bundespräsidenten verliehenen Ehrenzeichen für Verdienste um die Republik Österreich ab 1952
  2. ^ ORF: Betrunkener Mandatar: Sitzung unterbrochen
  3. ^ 'Vincenz Liechtenstein ist tot' auf orf.at

外部リンク[編集]