ヴィロフレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Viroflay
Blason ville fr Viroflay (Yvelines).svg
Viroflay Mairie2.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) ヴェルサイユ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78686
郵便番号 78220
市長任期 オリヴィエ・ルブラン
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Versailles Grand Parc
人口動態
人口 16 000人
2007年
人口密度 4 585人/km2
住民の呼称 Viroflaysiens
地理
座標 北緯48度48分03秒 東経2度10分23秒 / 北緯48.8008333333度 東経2.1730555556度 / 48.8008333333; 2.1730555556座標: 北緯48度48分03秒 東経2度10分23秒 / 北緯48.8008333333度 東経2.1730555556度 / 48.8008333333; 2.1730555556
標高 最低:92 m
最高:176 m
面積 3.49km2
Viroflayの位置(フランス内)
Viroflay
Viroflay
公式サイト ville-viroflay.fr
テンプレートを表示

ヴィロフレーViroflay)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン

地理[編集]

南はフォース・ルポズの森と、北はムードンの森と接する。パリに近いが、コミューン面積の約40%が森林で、最も森林面積の多いコミューンの1つである。現在は暗渠化されているマリヴェル川の谷に面積の一部が含まれる。コミューンの標高は全般的に急である。北にあるヴィル=ダヴレーとは、フォース・ルポズの山林の山道で唯一往復が可能である。ヴェリジー=ヴィラクブレーの高原は、険しい道を介し、ムードンの森を横断してヴィロフレーとつながる。近接する4つのコミューンとは森を介して往来が可能で、パリからわずか6.5kmしか離れていないのに非常に珍しい。

まちはシャヴィルヴェリジー=ヴィラクブレーヴェルサイユ、ヴィル=ダヴレーと接している。

まちはパリ-ヴェルサイユ間を走る県道10号線が横断し、市内の重要な交通の動脈となっている。ヴィロフレーはその領域内にフランス国鉄の駅が3箇所あるという珍しいコミューンである

由来[編集]

1162年にラテン語化されたvilla Offleniとして記された[1]。古いフランス語でvillとはvilla rustica、すなわち農村を意味し、続いてゲルマン人の人名Offilin[2] またはOodfinnus、そして-flé が付く[3]

歴史[編集]

中世、ヴィロフレーの土地はオテル・デュー・ド・パリ(病院)の修道士たちの所有であった。

16世紀に教区が置かれ、ヴィロフレーは1695年に王室によって買収され、シャヴィル領主であるルーヴォワ侯爵未亡人へ授けられた。彼の息子は王の戦争大臣となった。彼はテュレンヌの死後、王軍の長となった。ルイ14世はヴィロフレーを王室の猟場に編入した。ヴィロフレーはその後、ムードンの城を所有していたグラン・ドーファンのものとなった。貴族の一部は、豊かな森の近くに別荘を建てた。教区はフランス革命まで王領であった。

ルイ14世、ルイ15世ルイ16世王の時代、ヴィロフレーはパリとヴェルサイユ間を宮廷と王軍が横断する唯一の教区であった。17世紀から19世紀まで、ふんだんに水があり、宮廷やヴェルサイユに近いヴィロフレーでは洗濯産業が盛んであった。

革命前、パリから追放され、経由地のサン・マルタン・ド・レ(レ島)からフランス領ギニアカイエンヌへ流刑にされた者たちは、レキュ・ド・フランス(L'Écu de France、かつてパリとヴェルサイユ間を走った早馬)と同じく早くは王の恩赦を受けることができなかった。「神の恵み」(Grâce de Dieu)を期待できなかった彼らは、ヴィロフレーの地にその名をつけた。

1839年、鉄道路線が敷かれ、ヴィロフレー・リヴ・ドロワット駅ができた。その後、1840年と1902年に、ヴィロフレーはヴェルサイユとパリに接続された。

交通[編集]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
16004 16352 15696 14074 14689 15205 16064

参照元:1962年までEHESS[4]、1968年以降INSEE[5] · [6]

出身者[編集]

  • ジャン・フランソワ・カーン - ジャーナリスト

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ fr:Albert Dauzat et fr:Charles Rostaing, Dictionnaire étymologique des noms de lieux en France, Librairie Guénégaud 1979. p. 722.
  2. ^ Albert Dauzat et Charles Rostaing, Op. cité.
  3. ^ fr:Ernest Nègre, fr:Toponymie générale de la France, Volume II, Librairie Droz 1991. p. 995.
  4. ^ « Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui », sur site de l'École des hautes études en sciences sociales (consulté le 5 mai 2011)
  5. ^ « Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007) », sur Insee (consulté le 5 mai 2011)
  6. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2008 », sur Insee (consulté le 5 mai 2011)