ヴィルヘルム (マインツ大司教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マインツ大司教ヴィルヘルム(929/30年 - 968年3月2日)は、マインツ大司教(在位:954年 - 968年)。神聖ローマ皇帝オットー1世の庶子。

オットー1世が最初の妃エドギタと結婚する前に、捕虜のスラブ人女性との間にもうけた庶子である。母親は、928年または929年のへヴェル族との戦いの際に捕虜となった族長トゥグミールの姉妹と考えられている[1]。954年、マインツ大司教フリードリヒの死後、大司教位に就いた。コルヴァイのヴィドゥキントによると、「知恵と賢明さを兼ね備え、敬虔で誰に対しても好意的に振る舞う人物」であったという[2]

引用[編集]

  1. ^ コルヴァイのヴィドゥキント、p. 255、注釈184
  2. ^ コルヴァイのヴィドゥキント、p. 252

参考文献[編集]

  • コルヴァイのヴィドゥキント、三佐川亮宏 訳 『ザクセン人の事績』 知泉書館、2017年