ヴィルヘルム8世 (ヘッセン=カッセル方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィルヘルム8世
ヴィルヘルム8世

ヴィルヘルム8世Wilhelm VIII., 1682年3月10日 - 1760年2月1日)は、ヘッセン=カッセル方伯(在位:1751年 - 1760年)。ヘッセン=カッセル方伯カールとその妻であったクールラントヤーコプ・ケトラーの娘マリー・アマーリエ(1653年 - 1711年)の次男で、フリードリヒ1世(スウェーデンフレドリク1世)の弟。カッセルで生まれた。

1730年に父カールの死去によって兄フリードリヒ1世がヘッセン=カッセル方伯となるが、フリードリヒ1世は妻ウルリカ・エレオノーラの退位後にスウェーデン王となっていたため、ヴィルヘルムが摂政としてヘッセン=カッセル方伯領の政務を執った。そして、1751年にフリードリヒ1世が嗣子なくして死去したのを受けて、ヘッセン=カッセル方伯を継いだ。

1760年、リンテルン(現ニーダーザクセン州シャウムブルク郡)で死去した。ヴィルヘルム8世はザクセン=ツァイツ公モーリッツ・ヴィルヘルムの娘ドロテア・ヴィルヘルミーナ(1691年 - 1743年)と結婚しており、彼女との間の息子フリードリヒ2世が方伯位を継いだ。

先代:
フリードリヒ1世
ヘッセン=カッセル方伯
1751年 - 1760年
次代:
フリードリヒ2世