ヴィルヘルム1世 (ヘッセン=ローテンブルク方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィルヘルム1世Wilhelm I. von Hessen-Rotenburg, 1648年5月15日カッセル - 1725年11月20日ランゲンシュヴァルバッハ)は、ヘッセン=ローテンブルク方伯(在位:1683年 - 1725年)。甥のヘッセン=ヴァンフリート=ラインフェルス方伯ヴィルヘルム2世と区別するため、「1世」または「老伯("der Jüngere")」と呼ばれた。

ヘッセン=ラインフェルス=ローテンブルク方伯エルンスト1世とその妻でゾルムス=リッヒ伯フィリップ1世の娘であるマリー・エレオノーレの間の長男として生まれた。父はヘッセン=カッセル方伯モーリッツとその後妻のユリアーネ・フォン・ナッサウ=ディレンブルク(Juliane von Nassau-Dillenburg)の間に生まれた息子達のうちの1人で、同母兄弟と共に宗主のヘッセン=カッセル方伯領の4分の1の領域からなる分封領「ローテンブルガー・クヴァルト(Rotenburger Quart)」を与えられていた。

ヴィルヘルムはローテンブルク・アン・デア・フルダ(Rotenburg an der Fulda)に住み、タウヌス地方(Taunus)のランゲンシュヴァルバッハにしばしば滞在した。ヴィルヘルムとその子孫はヘッセン家のうちローテンブルガー・クヴァルトを受け継いだ系統の嫡系であり、孫のコンスタンティンの代にはローテンブルガー・クヴァルトを統合した。

ヴィルヘルムは1725年に亡くなり、遺骸はランゲンシュヴァルバッハにある聖エリーザベト・カトリック教会に安置された。

子女[編集]

1669年3月3日ベルギー地方のロシュフォール(ドイツ語名ローヒェフォルト)において、マリア・アンナ・フォン・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローヒェフォルトと結婚し、間に8人の子女をもうけた。

先代:
エルンスト1世
ヘッセン=ローテンブルク方伯
1683年 - 1725年
次代:
エルンスト2世レオポルト