ヴィルヘルム・フォン・カウルバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィルヘルム・フォン・カウルバッハ
Wilhelm von Kaulbach
Porträt Wilhelm von Kaulbach 1864.jpg
生誕 (1805-10-15) 1805年10月15日
ヴァルデック侯国バート・アーロルゼン
死没 (1874-04-07) 1874年4月7日(68歳没)

ヴィルヘルム・フォン・カウルバッハWilhelm von Kaulbach1805年10月15日 - 1874年4月7日)はドイツ画家

略歴[編集]

ヘッセン州バート・アーロルゼンで生まれた。父親は金細工師である。1821年にデュッセルドルフ美術アカデミーに入学し、ペーター・フォン・コルネリウスに学んだ。1826年からミュンヘンに移り、ミュンヘンの美術学校で修行を続けた。1835年からイタリアに6年間、滞在し、多くの人物画を描くようになった。1847年からミュンヘン美術学校の校長となり、ベルリン新博物館の大壁画を描いた。1850年代にはミュンヘンの美術館、ノイエ・ピナコテークの外壁に壁画を描いたが、これは残っていない。

多くの王族や、芸術家の肖像画を残し、文学作品に題材をとった絵画も残した。

息子のヘルマン・フォン・カウルバッハも画家となった。いとこのフリードリヒ・カウルバッハも画家である。

作品[編集]

歴史画・宗教画[編集]

 
 
 

人物画[編集]

外部リンク[編集]