ヴィルヘルム・トマシェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィルヘルム・トマシェクWilhelm Tomaschek, or Vilém Tomášek, 1841年5月26日オロモウツ1901年9月9日ウィーン )は、チェコ又はオーストリア地理学者東洋学者歴史地理学及び歴史民族誌学分野における研究で知られる。[1]

モラヴィアオロモウツに生まれ、1860年から1864年までウィーン大学で学ぶ。その後はザンクト・ペルテンウィーンギムナジウムの教師として働いた[2]。『中央アジア研究』(Centralasiatische Studien)の第1巻が認められて1877年グラーツ大学の地理学教授(ただし、准教授に相当する地位)に任命される。1881年には正式な教授となるとともに、ウィーン大学における歴史地理学のポストも得た。のちの1899年ウィーン科学アカデミーの正会員になった。[1][3]

没後の1933年にはトマシェクを讃えて、ウィーン市内フロリズドルフ区の通りの一つに Tomaschekstraße の名前がつけられた。[4]

著作[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Thibaut - Zycha, Volume 10 by K. G. Saur Verlag GmbH & Company, Walter De Gruyter Incorporated
  2. ^ Die feierliche inauguration des rektors der Wiener universität by Universität Wien
  3. ^ The Geographical Journal, 1901, Volume 18, Page 544.
  4. ^ Wien Geschichte Tomaschekstraße
  5. ^ ウィキソース