ヴィルヘルム・グスタフ・フォン・アンハルト=デッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィルヘルム・グスタフ・フォン・アンハルト=デッサウ(Wilhelm Gustav von Anhalt-Dessau, 1699年6月20日 - 1737年12月16日)は、プロイセン王国の軍人でアンハルト=デッサウ侯領の世子。アンハルト=デッサウ侯レオポルト1世と妃アンナ・ルイーゼ・フェーゼの長男。レオポルト2世ディートリヒの兄。

1706年から軍務に携わり、1713年にプロイセンの連隊長に就任、1719年オスマン帝国の戦争に参戦、1734年ポーランド継承戦争で父やプリンツ・オイゲンと共にフランスと戦った。

しかし、1737年に父に先立って死去。弟のレオポルトが父の後継者となり、1747年の父の死後にアンハルト侯レオポルト2世となった。子供達は貴賤結婚で生まれたためアンハルト=デッサウ侯領の相続権はなかったが、1749年にレオポルト2世に年金を与えられ、同時に「フォン・アンハルト」の名乗りも許され、アンハルト伯家が創設された。

子女[編集]

1726年、平民のヨハンナ・ゾフィー・ヘッレ(1706年 - 1795年)と貴賤結婚、9人の子を儲けた。

  1. ヴィルヘルム(1727年 - 1760年)
  2. レオポルト・ルートヴィヒ(1729年 - 1795年)
  3. グスタフ(1730年 - 1757年)
  4. ヨハンナ・ゾフィー(1731年 - 1786年)
  5. フリードリヒ(1732年 - 1794年)
  6. ヴィルヘルミーネ(1734年 - 1781年)
  7. アルブレヒト(1735年 - 1802年)
  8. ハインリヒ(1736年 - 1758年)
  9. レオポルディーネ・アンネ(1738年 - 1808年)

また、ヘンリエッテ・マリアンネ・シャルディウスとの間に2人の庶子を儲けた。

  1. カール・フィリップ(1732年 - 1806年)
  2. ハインリヒ・ヴィルヘルム(1734年 - 1801年)