ヴィルヘルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィルヘルムWilhelm)は、ドイツ語圏の男性名。北欧にも見られ、場合によってはVilhelmと綴られる。古高地ドイツ語 Willahelm に由来し、Willa は「意志」、helm は「兜」を意味する。女性形はヴィルヘルミナ(Wilhelmina)。

英語名ウィリアム、オランダ語名ヴィレム、フランス語名ギヨーム、イタリア語名グリエルモなどが対応する名前である。

王侯・貴族[編集]

その他の人名[編集]

ファーストネーム

ミドルネーム

ワイン商を経て、ヒトラー内閣の外務大臣を務める。戦後、戦犯として死刑判決を受け、刑死。

第一次大戦において、ヒンデンブルクを補佐する。戦後は政治活動にも取り組む様になり、1920年のカップ一揆に参加。又、1923年にはヒトラーと組んでミュンヘン一揆を引き起こした。

国家社会主義ドイツ労働者党の外国組織部(NSDAP/AO)指導者。親衛隊所属でもあり、最終階級は親衛隊大将。戦後、ニュルンベルク裁判で証人となった他、ニュルンベルク継続裁判の一つである大臣裁判では被告となり、懲役刑を言い渡された。

電撃戦を考案・実践した人物として知られる。最終階級は上級大将第二次世界大戦後、偉大な戦術家の一人として西側諸国から高い評価を受ける。

第一次大戦でエースパイロットとして名声を得る。軍における最終階級は、ドイツ国防軍での最高位である国家元帥。1922年にナチスに入党。ナチスが第一党になった際に国会議長を務めた他、ナチス政権下において、航空大臣、空軍総司令官、経済大臣、四ヶ年計画全権責任者、プロイセン州首相、狩猟長官、森林長官などの要職を歴任。また、プロイセン州首相時代にはゲシュタポを創設し、ヒムラーがその座に就くまで、その長官としても活動した。戦後は戦犯として捕らえられ、ニュルンベルク裁判で死刑判決を受けるも、処刑直前に密かに持ち込んだ青酸カリで服毒自殺を遂げた。

伝承[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]