ヴィルデュー=ラ=ブルエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Villedieu-la-Blouère
Blason ville fr Villedieu-la-Blouère (Maine-et-Loire).svg

Mairie de Villedieu-la-Blouère.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason duche fr Anjou (moderne).svg
(arrondissement) ショレ郡
小郡 (canton) ボープレオ小郡
INSEEコード 49375
郵便番号 49450
市長任期 ベルナール・ギャラール[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.C. du Centre-Mauges
人口動態
人口 2 483人
2012年
人口密度 173人/km2
住民の呼称 Théopolitain, Théopolitaine
地理
座標 北緯47度08分52秒 西経1度03分46秒 / 北緯47.1477777778度 西経1.06277777778度 / 47.1477777778; -1.06277777778座標: 北緯47度08分52秒 西経1度03分46秒 / 北緯47.1477777778度 西経1.06277777778度 / 47.1477777778; -1.06277777778
標高 平均:m
最低:47m
最高:109 m
面積 14.35km2
Villedieu-la-Blouèreの位置(フランス内)
Villedieu-la-Blouère
Villedieu-la-Blouère
公式サイト Site de Villedieu-la-Blouère
テンプレートを表示

ヴィルデュー=ラ=ブルエールVilledieu-la-Blouère)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県のかつて存在したコミューン。現在はボープレオ=アン=モージュの一部である。

地理[編集]

モージュ地方にある、アンジューのコミューンである。クリソンの北東18km、ナントの東38km、ボープレオの南西8kmのところにある[2] · [3]

由来[編集]

ブルエールの名が初めて現れるのは、Boeriaとしてであるが、1326年にはBloeriaと記された。1401年にはLa Blouèreであった。1536年、フラピニエール文書においてはVilledé-en-Maugesであった[4]。1668年にLa Blouère-et-Villedieu、18世紀終わりにはVilledieu-la-Blouèreとなり、1800年までLa Blouère、1920年までVilledieuであった[5]

フランス革命時代の1793年にはLa Commanderie de Villedieuと改名させられた[6]

歴史[編集]

Villedieuという地名は、中世の騎士道および聖ヨハネ騎士団コマンドリーを背景に持つ[7]。軍事と宗教両面の修道会であった聖ヨハネ騎士団は、移り住んだ土地からあがる収入を聖地での活動に充て、管轄内の巡礼路の安全維持に役立てた。彼らはヴィルデュー城代と呼ばれたシャトーを町の中心部に建設した。そこはボープレオへ向かう道とジェステに向かう道とが交差する地点だった。1792年11月14日、シャトーは国有財産として売却され、最後は荒れるがままに放置された。19世紀初頭まで、その遺構が見られた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1658 1790 1922 2104 2193 2102 2248 2483

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[8]、2004年以降INSEE[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ Ouest-France, Bernard Gallard élu nouveau maire de la commune, article du 2 avril 2014.
  2. ^ Institut national de l’information géographique et forestière (IGN), Géoportail - 49450 Villedieu-la-Blouère, consulté le 6 juillet 2015.
  3. ^ Lion1906, Distances orthodromiques à partir de Villedieu-la-Blouère, consulté le 6 juillet 2015 - Les distances affichées sont des distances orthodromiques (à vol d'oiseau).
  4. ^ Mairie de Villedieu-la-Blouère, Histoire de La Blouère, consulté le 24 juin 2015.
  5. ^ Célestin Port, Dictionnaire historique géographique et biographique de Maine-et-Loire, 1874-1878, Édition révisée de 1996 par André Sarazin et Pascal Tellier, t. 4, p. 778 et suivantes.
  6. ^ École des hautes études en sciences sociales, Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui, Notice communale de Villedieu-la-Blouère, consultée le 6 juillet 2015 - Nom de la municipalité en 1793 (an II), selon le recensement réalisé sur l’ensemble du territoire français de l’époque, et en 1801, selon les « Arrêtés de réduction des justices de paix » (actes publiés au Bulletin des lois) constituant la première nomenclature officielle des circonscriptions administratives de la France contemporaine.
  7. ^ Pierre-Louis Augereau, Les Mauges mystérieuses, Éditions Cheminements, 1994, p. 266.
  8. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=40168
  9. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  10. ^ http://www.insee.fr