ヴィリー・ヘス (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィリー・ヘスWilly Hess 1906年10月12日 - 1997年5月9日)は、スイス音楽学者作曲家ベートーヴェン学者として有名であり、『ベートーヴェン作品全集』に未収録のベートーヴェン作品目録を編纂、出版した功績により称えられている。また、遺されたピアノ譜からベートーヴェンのピアノ協奏曲第0番 変ホ長調オーケストレーションを施している[1]

ヘスはヴィンタートゥールに生まれた。高校までの期間をこの町で過ごし、その後チューリッヒ音楽院と大学で学んだ[注 1]。自身もピアノ対位法作曲を教える立場となり、音楽に関する執筆活動も行った。

1942年から1971年にかけてはヴィンタートゥール州立管弦楽団でファゴット奏者を務めた。作曲家としてはピアノ4手のための「3つのレントラー」作品28、ヴィオラとファゴットのためのソナタなどを書いている。後者はクラシック音楽の室内楽作品としてこの楽器の組み合わせを用いた唯一の作品である。

ヴィンタートゥールに没した。

作品[編集]

  • James F. Green The New Hess Catalog of Beethoven's Works, Vance Brook Publishing, October 2003, ISBN 978-0-9640570-3-6
  • ヴェスタの火』 -- ベートーヴェンのオペラの断章、ヘスが補完し出版。
  • コントラファゴット5重奏曲作品63 (ⅠModerato,sehr ruhig ⅡAndante ⅢRondo) コントラファゴット奏者John Parrのために書かれた室内楽の作品として代表的なものである。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 音楽院は1990年に音楽・演劇・舞踏学校(HNT)と統合され、同校はさらに2007年にチューリッヒ芸術大学へと統合された。

出典

外部リンク[編集]