ヴィニー・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィニー・ポール
Vinnie Paul
VinniePaul2008.JPG
基本情報
出生名 Vincent Paul Abbott
生誕 (1964-03-11) 1964年3月11日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州
ダラス
死没 (2018-06-22) 2018年6月22日(54歳没)
ジャンル ヘヴィメタル
スラッシュメタル
サザンメタル
ハードロック
職業 ミュージシャン
ドラマー
音楽プロデューサー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1981年 - 2018年
共同作業者 Pantera
Damageplan
Rebel Meets Rebel
HELLYEAH
公式サイト http://www.bigvinrecords.com/[リンク切れ]

ヴィニー・ポール(Vinnie Paul, 本名:ヴィンセント・ポール・アボット Vincent Paul Abbott, 1964年3月11日 - 2018年6月22日[1])はアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のドラマー音楽プロデューサー。元パンテラと元レベル・ミーツ・レベル、元ダメージプランダイムバッグ・ダレルの実兄である。2006年に結成したヘヴィメタルバンド、ヘルイェーのドラマーでもあった。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において26位。

概要[編集]

1981年に始動し、2003年に解散したヘヴィメタルバンド、パンテラのドラマーとして有名。

パンテラの解散後、ダレルと共にヘヴィメタルバンド、ダメージプランを結成して活動していたが、2004年12月8日、オハイオ州コロンバスの「アルロサ・ヴィラ」というナイトクラブでの公演中に、パンテラの熱狂的ファンの男に銃撃されるという事件が発生。この事件の際にダレルが頭に銃弾を受けて死亡。また、ヴィニーも肩に銃弾を受けている。

ダレルが死んだ事でダメージプランは活動停止(事実上の解散)となり、実弟の死によって長い間激しく落ち込んでいたが、2006年にヴィニーはマッドヴェインナッシングフェイスのメンバーと共に、新バンドヘルイェーを結成した事を発表(2007年にベーシストのジェリー・モンタノが脱退し、後任に元ダメージプランのボブ・ジラが加入)。

また、ヘルイェーの活動以外にBig Vin Recordsという自身が立ち上げたレコード会社を経営していた。

2016年6月10日、コンサート終了後に銃撃され、死亡したクリスティーナ・グリミーについて、「とても悲しく、失望している。二度とこのような事は起きないと思っていたのに。なぜならば、2004年にダレルが射殺された後、すべてのコンサート会場の運営者は、ありとあらゆる危険から、アーティストを守るよう、強く訴えかけたからだ。それなのに、何も変わっていなかった。今こそ、何かの変革が必要だ」とインタビューに応じた[2]

2018年6月22日逝去。54歳だった[3]

演奏スタイル[編集]

ギターやベースの音に負けない、大きいサイズのドラムセットを使ったパワフルなドラミングが特徴。パンテラ時代はドラムのヘッドに「トリガー」を取り付け、ミキサーを介して高域を極端に強調したかなり硬質な音色に設定してPAから出力することが多かったが、ヘルイェーからはトリガーの使用を控え、よりオーガニックな音色へとシフトしている。

彼のスタイルは現在も数多くのドラマーに影響を与えている。

機材[編集]

Pearl社製のドラムセットを使用していた。また、彼のモデルのスネアドラムは市販されている。アルバム「俗悪」の頃まではTAMAを使用していた。この他にもREMO等を使用している。現在はddrumを使用している。

スティックはVIC FIRTHから発売されている自身のモデルを使用。

脚注[編集]

  1. ^ 元「パンテラ」ドラマー、ヴィニー・ポールさん死去 54歳”. 毎日新聞 (2018年6月23日). 2018年6月23日閲覧。
  2. ^ VINNIE PAUL On CHRISTINA GRIMMIE's Murder: 'That's Almost The Same Scenario That Happened' To DIMEBAG”. BLABBERMOUTH.NET (2016年6月28日). 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ 元パンテラのドラマーのヴィニー・ポールが逝去。享年54歳 NME JAPAN 2018年6月23日 同日閲覧

外部リンク[編集]