ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィトルド・ゴンブローヴィチ

ヴィトルド・ゴンブローヴィッチWitold Gombrowicz, 1904年8月4日 - 1969年7月24日)は、ポーランド出身の小説家劇作家

経歴[編集]

現在のシフィェンティクシシュ県マウォシツェ英語版生まれ。1933年処女作『成熟期の日記』を、37年には長編『フェルディドゥルケ』を発表。 1939年、旅客船「フロブリ号」にて外遊するも、ブエノスアイレス到着の7日後に祖国ポーランドにナチス軍が侵攻し、以後アルゼンチンで亡命生活をおくる。1960年『ポルノグラフィア』、1960年『コスモス』発表。1963年ドイツに移住。1969年フランスで死去。

作品[編集]

日本語訳[編集]

ヴィトルド・ゴンブローヴィチ像
  • ポルノグラフィア(工藤幸雄訳、1989年、河出書房新社)
  • コスモス―他 東欧の文学(工藤幸雄訳、1990年、恒文社)
  • バカカイ―ゴンブローヴィチ短篇集(工藤幸雄訳、1998年、河出書房新社)
  • トランス=アトランティック(西成彦訳、2004年、国書刊行会)
  • フェルディドゥルケ(米川和夫訳、2004年、平凡社ライブラリー)解説=西成彦
  • ブルグント公女イヴォナ(関口時正訳、2015年、未知谷、『ディブック/ブルグント公女イヴォナ』に収録)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ヴィトルド・ゴンブローヴィッチに関するカテゴリがあります。