ヴィデロー航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィデロー航空
Widerøe
IATA
WF
ICAO
WIF
コールサイン
WIDEROE
設立 1934年
ハブ空港 ボードー空港
焦点空港 オスロ空港
ベルゲン空港
トロンヘイム空港
保有機材数 29機
就航地 41都市
本拠地 ノルウェー ボードー
外部リンク http://www.wideroe.no/
テンプレートを表示

ヴィデロー航空(ヴィデローこうくう、Widerøe)は北欧の航空会社。スカンジナビア航空の関連会社であり、本社所在地はノルウェーボードー

概要[編集]

会社の設立は1934年のことである。ノルウェーを中心に航空便の運航を行なっていた。第二次世界大戦中は民間航空の運航が中止されていたものの、戦後再開し、1960年代までは水上機も用いての運航も行なっていた。

その後、ノルウェー政府が各地に小規模滑走路を整備するとデ・ハビランド・カナダ DHC-6デ・ハビランド・カナダ DHC-7などのSTOLコミューターによる運航が中心となっていった。

1990年代にスカンジナビア航空の傘下であったが、2010年代になってそのスカンジナビア航空の経営再建で売却候補に挙がり、2013年9月30日に株式80%を投資グリープに売却されたことが発表された。

株式売却後も、SASのパートナー航空会社としてリージョナル路線で重要な役割は変わらないとしている。

使用機材[編集]

2018年現在

航空機 機数 乗客定員
(エコノミー)
就航路 備考
Bombardier Dash 8-100 17 37-39 国内
Bombardier Dash 8-Q200 3 39
Bombardier Dash 8-300 6 50 国内、国際
Bombardier Dash 8-Q400 11 78 国内、国際
エンブラエルE190-E2 3 114名予定 ローンチカスタマー2018年4月受領就航予定、他12機のE2シリーズの購入権込み契約

外部リンク[編集]