ヴィットリオ・リエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィットリオ・リエティVittorio Rieti, 1898年1月28日1994年2月19日)は、イタリア作曲家

エジプトアレクサンドリアにイタリア移民の第3世代として生れる。1917年イタリアに渡り、ミラノ経済学を学ぶかたわら、ピアノをジュゼッペ・フルガッタに、作曲オットリーノ・レスピーギジャン・フランチェスコ・マリピエロアルフレード・カゼッラに師事した。1925年パリ留学して知見を広める。

1939年に戦火を避けてニューヨーク・シティに渡り、1944年アメリカ合衆国帰化した。ニューヨーク州ハンター・カレッジボルチモアシカゴなどで教鞭を執った。

フランス六人組に感化されて新古典主義音楽を信奉し、調的で旋律的魅力に富む優雅な作曲様式を貫いた。

外部リンク[編集]