ヴィタリー・ウォロトニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィタリー・ウォロトニコフ
Виталий Иванович Воротников
生年月日 1926年1月20日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国ヴォロネジ
没年月日 (2012-02-20) 2012年2月20日(86歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシアモスクワ
出身校 クイビシェフ航空技術大学
前職 ソ連共産党党官僚(アパラチキ)
所属政党 ソ連共産党
称号 社会主義労働英雄レーニン勲章

在任期間 1988年10月3日 - 1990年5月29日

在任期間 1988年6月24日 - 1988年10月3日
テンプレートを表示

ヴィタリー・イワノヴィチ・ウォロトニコフヴォロトニコフボロトニコフロシア語: Виталий Иванович Воротников、ラテン文字転写の例:Vitaly Ivanovich Vorotnikov1926年1月20日 - 2012年2月20日)は、ソビエト連邦政治家ロシア人ミハイル・ゴルバチョフ時代初期にロシア・ソビエト連邦社会主義共和国閣僚会議議長(首相)を務めた。

来歴・人物[編集]

クイビシェフ(現サマーラ)航空技術大学を卒業し、クイビシェフ州第一書記を経て、1971年ヴォロネジ州第一書記となる。レオニード・ブレジネフ書記長時代の1975年ロシア共和国第一副首相となるが、1979年キューバ大使に転出する。このときにソ連共産党中央委社会主義国連絡部長であったユーリ・アンドロポフとつながりを持ったとされる。

1982年6月クラスノダール地方第一書記に任命される。前任のクラスノダール地方第一書記セルゲイ・メドゥノフは、ブレジネフ書記長の友人で大規模なキャビア取引汚職事件に関与して1982年春に解任されていた。ウォロトニコフは、クラスノダール地方の整風に努めた。1983年6月ソ連共産党中央委員会総会で政治局員候補に選出され、同総会でソ連共産党統制委員会議長に選出されたミハイル・ソロメンツェフ政治局員の後任として、ロシア共和国最高会議によって閣僚会議議長(首相)に任命された。1983年12月には政治局員に昇格し、将来のソ連首相候補の一人とも言われるようになる。

1984年アンドロポフ死後もその地位を保ち、1985年コンスタンティン・チェルネンコ書記長死後の政治局会議では、ゴルバチョフを支持した。ゴルバチョフ時代は一貫して保守派に近い穏健改革派の位置を維持した。ゴルバチョフの始めたペレストロイカが大規模な政治改革を伴うようになり、共産党と国家の一元化の観点から、ソ連を構成する各民族共和国の共産党指導者(党第一書記)は、最高会議幹部会議長を兼務することとなった。1988年ウォロトニコフもロシア共和国最高会議幹部会議長に就任した。旧来の最高会議を改組して人民代議員大会が創設されることになり、1990年選挙が実施、急進改革派のボリス・エリツィンが最高会議議長に就任し、政治的に失権した。

2012年2月20日、モスクワで死去[1]。86歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
ウラジーミル・オルロフ
ロシア共和国最高会議幹部会議長
1988年 - 1990年
次代:
ボリス・エリツィン
(最高会議議長)
先代:
セルゲイ・メドゥノフ
クラスノダール地方第一書記
1982年 - 1983年
次代:
ゲオルギー・ラズモフスキー
先代:
ニキータ・トルベーエフ
キューバ大使
1979年 - 1982年
次代:
コンスタンチン・カツシェフ