ヴィジョン・ディヴァイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィジョン・ディヴァイン
Vision Divine
Vision Divine - Rockin' field festival - luglio 2008 (1).jpg
イタリア・ミラノ公演 (2008年7月)
基本情報
出身地 イタリアの旗 イタリア トスカーナ州
マッサ=カッラーラ県 マッサ
ジャンル メロディックスピードメタル
プログレッシブメタル
活動期間 1998年 - 現在
レーベル Atrheia Records
スカーレット・レコード
メタル・ブレイド・レコーズ
Frontiers Records
earMUSIC
キングレコード
公式サイト www.visiondivine.com
メンバー ファビオ・リオーネ(Vo)
オラフ・トールセン(G)
フェデリコ・プレリ(G)
アンドレア・トッリチニ(B)
アレッシオ・ルカッティ(Key)
マイク・テラーナ(Ds)
旧メンバー 以下を参照

ヴィジョン・ディヴァインVision Divine)は、イタリア出身のメロディックスピードメタル/プログレッシブメタルバンド

1998年に、オラフ・トールセン(G)のプロジェクト・バンドから誕生した。

略歴[編集]

オラフ・トールセン(G) ラビリンス在籍期

[1]1998年パワーメタルバンドラビリンス」のギタリスト オラフ・トールセンが、ソロのプロジェクトを始める。

かつてラビリンスの同僚だったファビオ・リオーネ(Vo)にボーカルを依頼してから、ソロ・プロジェクトは急速に独立したバンドへと姿を変えていく。マット・スタンチョーユ(Ds)、アンドリュー・ポールズ(Key)、アンドレア・トッリチニ(B)が参加したラインナップで活動を開始。

バンド名の由来は、オラフ・トールセンが在籍していた「ラビリンス」の改名前のバンド名であった"Vision"と、オラフ・トールセンのソロ・アルバムのタイトルを意図する"Divine"の、二つの言葉のコンビネーションから創られた。

1999年、1stアルバム『Vision Divine』リリース。

2000年南米ツアー:アルゼンチンチリブラジルパナマメキシコ(共演/ラビリンスシナジー

2001年、サイド・ギタリストとしてフェデリコ・プレリ加入。

2002年、2ndアルバム『Send me an Angel』リリース。同2002年終盤、オラフ・トールセンがラビリンスを脱退、ヴィジョン・ディヴァインに専念することを発表。マット・スタンチョーユ(Ds)とアンドリュー・ポールズ(Key)が脱退。後任としてオレグ・スミルノフ(Key-ex Eldritch、Death SS)が加入。

2003年、マッテオ・アモローゾ(Ds-ex Athena)が加入、ファビオ・リオーネ(Vo)脱退。新しいボーカリストとして、高いスキルと才能を持ち(1998年ロサンジェルスのV.I.T.を卒業)ライブ・パフォーマンスに於いても際だった経験を持つミケーレ・ルッピが加入。

[2]2004年、3rdアルバム(コンセプト・アルバム)『Stream of Consciousness』リリース。新ラインナップで希望を新たにしたバンドは、以前のマネージャーやレコード会社との契約を全て打ち切り、新しくイタリア圏内ではスカーレット・レコード、日本向けにキングレコード、その他の地域向けにメタル・ブレイドとの契約を結ぶ。

2005年、初のライブビデオ『Stage of Consciousness』、続いてストラトヴァリウスティモ・トルキをプロデューサーに迎え制作された4thアルバム『The Perfect Machine』リリース。この際,長年ライブ時のサポートギタリストであったフェデリコ・プレリ(G)が正式メンバーとなり、マッテオ・アモローゾ(Ds)が脱退。同年10月には、念願であった日本公演(大阪・東京)を行う。日本公演後、バンドに大きく貢献したオレグ・スミルノフ(Key)が脱退。

2006年、アレッシオ・ルカッティ(Key)、リッキー・クワリアト(Ds)が加入。続いてアンドレア・トッリチニ(B)が脱退、経験豊富かつ最高水準のベース・プレーヤーの一人であるクリスティアーノ・ベルトッキ(B-ex ラビリンス)が後任として加入。バンドとして結束を深めたバンドは、この9月に北米南米ツアーを行う。10月にリッキー・クワリアト(Ds)が脱退。

2007年、再びティモ・トルキをプロデューサーに迎え、5thアルバム『The 25th Hour』をリリース。なおドラマーとしてアレッサンドロ・ビサ(Ds)が加入。

2008年、2月にバンド結成10周年の記念として、元メンバーをゲストに迎えライブを行う。4月にミケーレ・ルッピ(Vo)が脱退。5月末にファビオ・リオーネ(Vo)の復帰が発表される。

2009年、6thアルバム『9 Degrees West Of The Moon』をリリース。

2012年、7thアルバム『Destination Set To Nowhere』をリリース。クリスティアーノ・ベルトッキ(B)が脱退し、アンドレア・トッリチニ(B)が復帰。

2016年、アレッサンドロ・ビサ(Ds)から、マイク・テラーナ(Ds)に交代。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ファビオ・リオーネ Fabio Lione - ボーカル (1998-2003, 2008- )
  • オラフ・トールセン Olaf Thorsen - ギター (1998- )
  • フェデリコ・プレリ Federico Puleri - ギター (2005- )
  • アンドレア・トッリチニ Andrea "Tower" Torricini - ベース (1999-2006, 2012- )
  • アレッシオ・ルカッティ Alessio Lucatti - キーボード (2006- )
  • マイク・テラーナ Mike Terrana - ドラムス (2016- )
        
ファビオ・リオーネ(Vo) 2014年
オラフ・トールセン(G) 2008年
フェデリコ・プレリ(G) 2008年
アレッシオ・ルカッティ(Key) 2008年
マイク・テラーナ(Ds) 2012年

旧メンバー[編集]

  • マット・スタンチョーユ Mat Stancioiu - ドラムス (1999-2002)
  • アンドリュー・ポールズ Andrew "Mc" Pauls - キーボード (1999-2002)
  • オレグ・スミルノフ Oleg Smirnoff - キーボード (2002-2005)
  • ミケーレ・ルッピ Michele Luppi - ボーカル (2003-2008)
  • マッテオ・アモローゾ Matteo Amoroso - ドラムス (2003-2005)
  • クリスティアーノ・ベルトッキ Cristiano Bertocchi - ベース (2006-2012)→2014年 - ウインド・ローズに加入
  • リッキー・クワリアト Ricky Quagliato - ドラムス (2006)
  • アレッサンドロ・ビサ Alessandro "Bix" Bissa - ドラムス (2007-2016)

サポート・メンバー[編集]

  • ダニール・モリーニ Danil Morini - ドラムス (2005-2006) ツアーメンバー

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 1999年 Vision Divine
  • 2002年 Send me an Angel
  • 2004年 Stream of Consciousness
  • 2005年 The Perfect Machine
  • 2007年 The 25th Hour
  • 2009年 9 Degrees West Of The Moon
  • 2012年 Destination Set To Nowhere

DVD[編集]

  • 2005年 Stage of Consciousness

脚注[編集]

外部リンク[編集]