ヴィジェイパット・シンハニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィジェイパット・シンハニア(Vijaypat Singhania、1938年10月4日 - )はインドの繊維品会社、レイモンド・グループの社長でアマチュア飛行家である。2005年11月26日、67歳で69,000フィート(21,000 m )の熱気球の高度飛行の世界記録を樹立した。2005年12月19日から2006年12月18日の間ムンバイの 州長官 (sheriff)であった。

アマチュア・パイロットとして5,000時間以上の飛行経験を持ち、1994年に国際航空連盟の24日で34,000kmを飛行するレースに優勝し、インド空軍の名誉司令官に任命された。1998年にマイクロプレーンでイギリスからインドまでの単独飛行の記録を樹立した。2005年に1988年にペール・リンドストランドの保持していた19,811 mの熱気球の高度飛行記録を更新する21,000 mの記録を樹立した。2005年にイギリス飛行クラブ金賞を受賞し、2006年にインド政府から民間人に贈られるインド国勲章「Padma Bhushan(パドマ・ブーシャン)」を受賞した。

外部リンク[編集]