ヴィクトール・ドント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴィクトール・ドント
Victor Joseph Auguste D'Hondt
Victor D'Hondt (1841-1901) .jpg
生誕 (1841-11-20) 1841年11月20日
ゲント
死没1902年5月30日(1902-05-30)(60歳)
ゲント
国籍ベルギー
職業ビジネスマン、法学者、弁護士、数学者
著名な実績投票システム

ヴィクトール・ドント(Victor Joseph Auguste D'Hondt、1841年11月20日-1902年5月30日)[1]は、ベルギー弁護士セールスマンゲント大学シビル・ロー法学者(ジュリスト)、数学者である。政党名簿比例代表における候補者への議席の割当てのため、1878年にドント方式を考案した。この方式は、アルバニアアルゼンチンアルメニアオーストリア、ベルギー、ブルガリアチリコロンビアクロアチアチェコ共和国デンマークエクアドルフィンランドイスラエル日本北マケドニア共和国オランダ北アイルランドパラグアイポーランドポルトガルスコットランドスロベニアセルビアスペインスイストルコアイスランドウルグアイウェールズを含む、多くの国で採用されている。修正型のドント方式は、ロンドン議会スコットランド議会の選挙で用いられている。

著書[編集]

  • Systeme pratique et raisonne de representation proportionnelle. Bruxelles, 1882.

出典[編集]