ヴィクトール・コルチノイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィクトール・コルチノイ
Victor Korchnoi.jpg
Viktor Korchnoi
本名 ヴィクトール・リヴォヴィッチ・コルチノイ
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
スイスの旗 スイス
生誕 1931年3月23日
レニングラード
死没 2016年6月6日(満85歳没)
獲得タイトル グランドマスター

ヴィクトール・リヴォヴィッチ・コルチノイ(Viktor Lvovich Korchnoi、Ви́ктор Льво́вич Корчно́й1931年3月23日 - 2016年6月6日[1])は、ソビエト連邦出身で、その後スイスに亡命したチェスプレーヤー

生涯[編集]

レニングラード(現・サンクトペテルブルク)生まれ[2]。少年期の第2次世界大戦中には、ドイツ軍のレニングラード包囲戦を受け、その間疎開することなく同地で過ごした。25歳でグランドマスターとなった[2]。コルチノイは世界選手権戦の常連の1人で[2]、挑戦者決定戦に合計10回出場した。1968年には決勝でボリス・スパスキーに6.5対3.5で[2]、1974年には同じく決勝でアナトリー・カルポフに3勝対2勝で敗れた[2]。コルチノイに勝ったスパスキーとカルポフはそれぞれその翌年に世界チャンピオンとなった[2]

ソ連時代はドローを嫌う棋風で[2]、「ソ連のフィッシャー」と呼ばれたが[2]、1975年オランダ亡命した[3]。この亡命に対しチグラン・ペトロシアンをはじめとするソ連のプレーヤーはコルチノイを批判した。亡命するまでに4度ソ連チャンピオンとなっている[2]

亡命後は西ドイツ、さらにスイスに移住し、1978年、当時の世界チャンピオン・カルポフへの挑戦者となったが[3]、5勝21引き分け6敗で敗退。1981年に再び挑戦者となるものの[3]、2勝10引き分け6敗で再び敗退した。

棋風はオールラウンドながら、相手の攻撃を待ち受けての反撃を得意とした。特に複雑な局面の中終盤に強く、全盛期には「白番では相手にチャンスを与えずに勝つ。黒番では相手にチャンスを与えるが、やはり最後は勝つ」と言われた。

世界王者にはなれなかったが、高い棋力を長く保っていたことで有名であり、2006年には世界シニアチャンピオンとなった。また2007年1月のレイティングリストでは75歳で世界ランク85位だった。当時のベスト100のうち、年齢でコルチノイに次ぐプレーヤーは53歳だったので、彼が特異な人物であることが伺える。

2011年には80歳を迎えたが、世界ランク427位(アクティブな選手では403位)、イロレーティング2557という成績で、現役選手として活動していた。

2016年6月6日に85歳で没する[1]までFIDEのウェブサイトで確認できる最年長のアクティブな選手(一定の頻度で大会に出る選手)として活動していた。

本などは積極的に執筆しなかったが、ルークを使ったエンドゲームについての本とベストゲーム集を出版している。

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Viktor Korchnoi Dies - CHESS-NEWS内のページ。
  2. ^ a b c d e f g h i 『やさしい実戦集』、105頁。
  3. ^ a b c 『図解 早わかりチェス』、227頁。
  4. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-72175-0。
  5. ^ ISBNコードはISBN 978-4-309-73145-2。