ヴィクトル=モーリス (第2代ブロイ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第2代ブロイ伯爵ヴィクトル=モーリス
Anonymous painting of Victor Maurice de Broglie, Count of Broglie.jpg
生誕1647年3月12日
ピエモンテ
死没1727年8月4日
国籍フランス
職業軍人
子供ジョセフ=イアサント
シャルル=ギヨーム
アシル=ジョセフ
フランソワ=マリー
アシルフランス語版
シャルル=モーリス
ヴィクトル
マリー=マドレーヌ

第2代ブロイ伯爵ヴィクトル=モーリスフランス語: Victor-Maurice de Broglie1647年3月12日 - 1727年8月4日)は、フランス王国の軍人。

ヴィクトル=モーリス・ド・ブロイはピエモンテ出身の家系であるブロイ家で、初代ブロイ伯爵フランソワ=マリー英語版の息子として生まれた[1]

大コンデテュレンヌ子爵などルイ14世時代のフランス軍指揮官の下で従軍した[1]。1676年に少将に、1688年に中将に昇進、1724年にフランス元帥に叙された後、1727年に死去した[1]

家族[編集]

息子のブロイ侯爵シャルル=ギヨームが家督を継承した。またフランソワ=マリーは軍人の道を歩み、フランス元帥とブロイ公爵に叙された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Broglie, de" . Encyclopædia Britannica (英語). 4 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 626.