ヴィクトル・ヴェクセリベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトル・ヴェクセリベルク を編集中

ヴィクトル・フェリクソヴィチ・ヴェクセリベルクロシア語:Виктор Феликсович Вексельбергヴィークタル・フィェーリクサヴィチュ・ヴィクスィリビェールクViktor Feliksovich Veksel'berg1957年4月14日 - )はロシア実業家。ロシアで3番目に大きな石油ガス会社であるテューメン・オイル(TNK)の会長。ロシア第3の大富豪。ロシアの新興財閥「オリガルヒ」の一人。Wekselbergとも綴る。

概要[編集]

ウクライナリヴィウ近郊のドロホーブィチに生まれたユダヤ人1979年モスクワの鉄道輸送技術者大学(MIIT)を優等で卒業。専攻は自動化とコンピューター技術。1978年から1990年まで、海軍特別設計局の研究所KONNASに勤務し、ロッドレスポンプの設計に従事。のち技術者から転じて調査官となる。1988年、NPO KomVek社を設立。イルクーツクのアルミ工場と連携して調査と生産活動に携わる。1990年、調査会社KAMを設立し、社長となる。1990年代にアルミ関連の株を買って利益を上げる。1997年にTNKの事業を掌握し、のちにBPと合同ベンチャー事業に乗り出した。ロシア第2(世界では第9位)のアルミ会社であるSUALホールディングの会長をも兼任。

趣味は美術品の蒐集。2004年2月、ニューヨークフォーブス家から、「ファベルジェの卵」と呼ばれるロマノフ家ゆかりのイースター・エッグ黄金宝石がちりばめられている)を7つ購入。1個あたり時価約8億円という世界の至宝である。ヴェクセリベルクが購入した分については贋作説も報じられたが、彼はこの説に反論している。

2006年4月、サンクトペテルブルクに私設美術館を設立。2007年には、モスクワにも開館を予定している。

最近では、プーチン大統領によって(チュクチ自治管区の知事に任命されたロマン・アブラモヴィッチと同様)カムチャツカ州知事に任命される可能性を取沙汰されている。

マリーナ夫人との間に1男1女あり。ボリス・パステルナークの詩を愛読している。