ヴィクトル・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトル・マイヤー

ヴィクトル・マイヤーViktor Meyer1848年9月8日-1897年8月8日)は、ドイツ化学者

ベルリンにユダヤ系の裕福な家庭に生まれる。1865年にベルリン大学に入学、1867年19歳で学位をえる。ブンゼンの助手になる。その後有機化学に転じ、ベルリンでバイエルらのもとで研究した。

1871年、23歳でシュトゥットガルト工科大学の有機化学の教授になった。翌年チューリッヒ工科大学に移った。1876年から物理化学の分野にも仕事をひろめ、1878年、ヴィクトル・マイヤー法と呼ばれる気体の分子量を測定する方法を開発した。1886年には2,2'-硫化ジクロロジエチル(マスタードガス)の合成法を発表。

1888年にブンゼンが引退するとハイデルベルク大学の教授職をついだ。19世紀後半のもっとも有力な化学者になった。

1897年、健康を害し、49歳で自殺した。