ヴァーテイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァーテイン
Watain
Watain live hole in the sky festival bergen norway 28 august 2010.jpg
2010年8月のライヴ(ベルゲン
基本情報
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン ウプサラ県 ウプサラ
ジャンル ブラックメタル
活動期間 1998年 -
レーベル ドラッカー・プロダクション
シーズン・オブ・ミスト
センチュリー・メディア・レコード
日本コロムビア
公式サイト www.templeofwatain.com
メンバー エリック・ダニエルソン (ボーカルベース)
ペレ・フォシュベリ (ギター)
ホーカン・ヨンソン (ドラムス)
旧メンバー C・ブロム (ギター)

ヴァーテイン (Watain)は、スウェーデンウプサラ出身のブラックメタルバンド。バンド名は、アメリカ合衆国のブラックメタルバンド、Vonの同名楽曲に由来する。

現在、正式メンバーは3名であるが、ライヴでは、ギターベースのライヴ・ミュージシャンが1人ずつ参加し5人体制となる。

同国のディセクションマーダックダーク・フューネラルと同じ系列に属するブラックメタルである[1]

略歴[編集]

1998年スウェーデン中東部の都市、ウプサラで結成[1]。当初のメンバーは、エリック・ダニエルソン (VoB)、ペレ・フォシュベリ (G)、ホーカン・ヨンソン (Ds)、C・ブロム (G)の4名。結成年中にデモ『Go Fuck Your Jewish "God"』をリリース[1]。翌年には、自主制作でライヴアルバム『Black Metal Sacrifice』をリリースし、更にスウェーデンのインディペンデントレコードレーベル、Grim Rune ProductionsからEP『The Essence of Black Purity』を300枚限定でリリースしている[1][2]

2000年に1stアルバム『Rabid Death's Curse』をリリース[1][2]。当初は、End All Lifeから通常のLP300枚とApocalyptor RecordsからピクチャーディスクLP300枚の限定リリースであった[1][2]。その後、2004年にドラッカー・プロダクションからCD盤が発売された[1][2]。1stアルバムリリース頃に、C・ブロムが脱退。トリオ編成で活動を継続する。また、ダーク・フューネラルロッティング・クライストらとヨーロッパツアーを敢行している[1]

フランスのインディペンデント・レコードレーベル・ドラッカー・プロダクションと契約[注釈 1]2003年に2ndアルバム『Casus Luciferi』をリリース。前述のように1stアルバムのCD盤も発売された。2004年には、活動再開したディセクションのリバース・オヴ・ディセクション・ツアーに同行した[1]。この際、ディセクションのステージで、エリック・ダニエルソンがライヴ・ベーシストとして出演している[1]2007年に、メイヘムなどが所属するシーズン・オブ・ミストに移籍。3rdアルバム『Sworn to the Dark』をリリース。同アルバムには、セット・テイタン(元ディセクション等)が作詞作曲で参加し、一部楽曲でギター・ソロを演奏している[1]。また、エントゥームドフェイス・ダウンなどでドラマーとして活動経験のあるピーター・スターンヴィンドがゲスト・ボーカルとして参加している[1]。同アルバムのリリース後には、再結成したセルティック・フロストクリーターリージョン・オブ・ザ・ダムドらとツアーも行った[1]

2010年に4thアルバム『Lawless Darkness』をリリース。同アルバムは、テロライザーなどの音楽雑誌でも評価が高く、スウェーデンの音楽賞にもノミネートされている[1]。同アルバムは、欧州リリースより1年以上遅れたものの、2011年秋に日本コロムビアより日本盤がリリースされ、日本デビュー盤となった。同アルバムリリース後、ベヒーモス北米ツアーを行う予定であったが、ベヒーモスのネルガルが白血病に罹り、ツアーをキャンセルしたため、ヴァーテインがヘッドライナーとなり、北米ツアーを敢行することとなった[1]。2011年には、シャイニングらとヨーロッパツアーを行い、秋にはヴェイダーウィッチリーと共にEXTREME THE DOJO Vol.28に出演。初来日を果たした。

その後、シーズン・オブ・ミストから離脱し、センチュリー・メディア・レコードへと移籍した。

音楽的特徴[編集]

同郷のディセクションと比較されることが多い。影響を受けたバンドとしてはバソリー、初期メイヘムマーシフル・フェイトデス・SSサマエルNecrovoreOfermodが挙げられている。

メンバー[編集]

エリック・ダニエルソン

現メンバー[編集]

各メンバーは、ファーストネームの頭文字1文字で省略して書かれることが多い

ディセクションのライヴ・ミュージシャンとしても出演経験がある。
  • ペレ・フォシュベリ (Pelle Forsberg) - ギター
  • ホーカン・ヨンソン (Håkan Jonsson) - ドラムス

元メンバー[編集]

  • C・ブロム (C. Blom) - ギター

ライヴ・ミュージシャン[編集]

現在のライヴ・ミュージシャン
  • セット・テイタン (Set Teitan) - ギター
ディセクションアナニメイテッド等でも活動。
  • アルヴァロ・リーロー (Alvaro Lillo) - ベース
過去のライヴ・ミュージシャン
  • ジョン・ドゥ (John Doe) - ギター
シャイニング等でも活動。
  • トーレ・スチェーナ (Tore Stjerna) - ギター、ベース
フューネラル・ミスト等でも活動。
  • ヨナス・リンドスコグ (Yonas Lindskog) - ベース
  • H・デス (H. Death) - ギター
  • セリム・ラムシ (Selim Lemouchi) - ギター

ディスコグラフィー[編集]

  • 1998年 Go Fuck Your Jewish "God" (Demo)
  • 1999年 Black Metal Sacrifice (Live)
  • 1999年 The Essence of Black Purity (EP)
  • 2000年 Rabid Death's Curse
  • 2001年 The Ritual Macabre (Live)
  • 2001年 The Misanthropic Ceremonies (Split)
  • 2002年 Promo 2002 (Demo
  • 2002年 Puzzlez ov Flesh (Demo)
  • 2003年 Casus Luciferi
  • 2007年 Sworn to the Dark
  • 2010年 Reaping Death (EP)
  • 2010年 Lawless Darkness
  • 2012年 Opus Diaboli (DVD)
  • 2012年 The Vinyl Reissues (Compilation)
  • 2013年 The Wild Hunt

注釈[編集]

  1. ^ 同レーベルは、ドイツドラッカー・エンターテインメントとは無関係のレコードレーベルブラックメタルを中心に扱っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 奥野高久 (2010年). “ロウレス・ダークネス” (日本語) (CDライナー). 「Lawless Darkness」. ヴァーテイン. 日本東京都港区虎ノ門: 日本コロムビア. COCB-60027. 
  2. ^ a b c d Releases”. Temple of Watain. 2013年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]