ヴァーツラフ・スメターチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァーツラフ・スメターチェク
Václav Smetáček
出生 1906年9月30日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ブルノ
出身地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアプラハ
死没 1986年2月18日(満79歳没)
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア プラハ
学歴 プラハ大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者オーボエ奏者作曲家
担当楽器 オーボエ

ヴァーツラフ・スメターチェクVáclav Smetáček, 1906年9月30日 - 1986年2月18日)は、チェコ指揮者オーボエ奏者・作曲家

経歴[編集]

プラハで指揮法をメトド・ドレジルとパヴェル・ジェデチェクに師事するかたわら、プラハ大学音楽学美学哲学を修める。プラハ木管五重奏団の創設メンバーであり、その演奏活動のために編曲や新作の提供もこなした。1930年から1933年までチェコ・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、1934年から1943年までチェコ放送局の指揮者ならびに編集者を務めた。1945年からプラハ大学やプラハ芸術アカデミーの教員となる。

プラハ交響楽団の指揮者として、いくつかの改革に着手した。古い時代の作品と、20世紀音楽の両方にレパートリーを押し広げたことはその一つであり、モーツァルトケルビーニレイハドヴォルジャークフェルステルマルティヌーオルフのほかに、ミロスラフ・カベラーツやルーボス・フィシェルの管弦楽曲がプラハ交響楽団のレパートリーに採用された。1938年からは国外でも演奏し、ヨーロッパや海外の音楽の中心地からも招待を受けるようになった。もっぱらコンサートの指揮者であったといえるが、オペラについても熟知していた。その幅広い活躍から「チェコのカラヤン」と称されたとの記載がCD解説にある。

スメターチェクを高く評価している音楽評論家の宇野功芳によると、「チェコ・フィルの楽員から『音楽的にはノイマンよりスメターチェクのほうが断然上なのだが、ノイマンの政治力がすごいのでスメターチェクが目立たないでいる』と聞いた」とのことである。


外部リンク[編集]