ヴァン・クライバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Van Cliburn
Van Cliburn.jpg
基本情報
出生名 Harvey Lavan Cliburn, Jr.
別名 Van Cliburn
生誕 1934年7月12日
ルイジアナ州シュリーブポート
死没 2013年2月27日(2013-02-27)(78歳)
テキサス州フォートワース
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1946–2013
レーベル RCAビクター

ヴァン・クライバーン(Van Cliburn、1934年7月12日 - 2013年2月27日)は、アメリカ合衆国ピアニストである。

人物・来歴[編集]

アメリカ合衆国ルイジアナ州生まれで、本名はハーヴィー・ラヴァン・クライバーン・ジュニア(Harvey Lavan Cliburn Jr.)。

6歳でテキサス州に家族とともに引っ越した。12歳で州のコンクールに優勝してヒューストン交響楽団と共演した。ロジーナ・レヴィーンに師事した後、1958年、23歳で世界的に権威のある第1回チャイコフスキー国際コンクールで優勝。このコンクールは1957年10月のスプートニク1号打ち上げによる科学技術での勝利に続く芸術面でのソビエトの優越性を誇るために企画された。クライバーンのチャイコフスキー協奏曲第1番とラフマニノフ協奏曲第3番の演奏後はスタンデイングオベーションが8分間も続いた。審査員一同は審査終了後、ニキータ・フルシチョフに向かって、アメリカ人に優勝させてもよいか、慎重に聞いた。フルシチョフは「彼が一番なのか?」と確認、「それならば賞を与えよ」と答えた。冷戦下のソ連のイベントに赴き優勝したことにより、一躍アメリカの国民的英雄となる。このコンクールに審査員として参加していたスヴャトスラフ・リヒテルは、クライバーンに満点の25点を、他の者すべてに0点と皮肉的な点数[1]をつけた。凱旋公演では、コンクール本選で指揮を担当したキリル・コンドラシンを帯同させている[2]。この優勝を祝してヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール1962年より開催されている。1966年には初来日も果たした。

クライバーンの『チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番』(コンドラシン指揮RCA交響楽団)(1958年)は、ビルボードのポップアルバムチャートで1位(7週連続)を獲得した唯一のクラシック作品である(2007年現在)。キャッシュボックスのポップアルバムチャートでも最高2位を記録。続く『ラフマニノフピアノ協奏曲第3番』(コンドラシン指揮シンフォニー・オブ・ジ・エア)もビルボードのポップアルバムチャートで最高10位を獲得している。その後、フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団との共演で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ベートーヴェンピアノ協奏曲第4番ピアノ協奏曲第5番「皇帝」ワルター・ヘンドル指揮シカゴ交響楽団との共演でプロコフィエフピアノ協奏曲第3番なども録音した。

その後、クライバーンは健康上の理由で長期間のブランクに入り、1980年代には公の場で演奏する機会をほとんど失ってしまうが、1990年代にカムバックした。

2003年大統領自由勲章2004年親善勲章ロシア)を受章している。2013年に骨癌で死去。

カムバック公演[編集]

1990年代に来日公演を行い、健在をアピールする予定だった。

ところが、ピアニストの中村紘子はその来日公演に関して「その演奏はもはや正面きってどうのこうの、といえるような対象ではありませんでした。[3]」と論じつつ、「彼が芸術家として成熟することなく終わってしまったのは、結局アメリカのこの豊かさ、楽しい生活に問題があったのではないか、と考えたものです」と述べている[4]

クライバーンが書かれている本[編集]

中村紘子著「チャイコフスキー・コンクール」に、一介の「田舎のピアニスト」だった彼が、チャイコフスキーコンクールの第一位になり、文字通りの「アメリカン・ドリーム」を実現するまでと、その後の停滞と挫折までが、アメリカのクラシック事情と共に詳しく述べられている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ この操作がなかった場合、クライバーンが優勝だったのかどうかは疑問視されているが、クライバーンの演奏が聴衆に大いに受けているのは録音で確認できる。
  2. ^ キリル・コンドラシンの国外デビューである。
  3. ^ その影響でクライバーン国際の入賞者が日本をツアーから外す傾向が一時みられたが、現在は元に戻っている。
  4. ^ NHK『人間講座』2003年4月 - 5月期「国際コンクールの光と影」63ページ

外部リンク[編集]