ヴァローナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴァローナ: VALRHONA)はフランス1922年に創業した業務用チョコレートメーカー。

クーベルチュールをはじめとする製菓用チョコレートだけではなく、既成のチョコレート菓子も販売している。

主な製品[編集]

クーベルチュール[編集]

グラン・クリュ・テロワール[編集]

それぞれの個性溢れる原産地限定の最高級カカオを使用。

  • フェーブ・アラグアニ(カカオ分72%) ベネズエラ産カカオ
  • フェーブ・ニアンボ(カカオ分68%) ガーナ産カカオ
  • フェーブ・アルパコ(カカオ分66%) エクアドル産カカオ
  • フェーブ・タイノリ(カカオ分64%) ドミニカ共和国カカオ
  • フェーブ・マンジャリ(カカオ分64%) マダガスカル産カカオ
  • フェーブ・タナリヴァラクテ(カカオ分33%) マダガスカル産カカオ

グラン・クリュ・マリアージュ[編集]

厳選されたカカオでつくられるブレンドチョコレート。

  • グアナラ(カカオ分70%)
  • ピュア・カライブ(カカオ分66%)
  • エクストラ・ビター(カカオ分61%)
  • カラク(カカオ分56%)
  • グアナラ・ラクテ(カカオ分41%)
  • ジヴァラ・ラクテ(カカオ分40%)

農園限定チョコレート[編集]

ヴァローナが契約を交わしている、農園指定のカカオを使用したヴィンテージ・チョコレート。

  • グラン・クヴァ(カカオ分68%) トリニダード島グランクヴァ農園カカオ

チョコレート・ナパージュ[編集]

  • アプソリュ・ショコラ
  • アプソリュ・クリスタル

歴史[編集]

  • 1922年 - 仏国の菓子職人ジャン・ギロネ(M.Guironnet)が南仏のヴァレ・デュ・ローヌ地方のタン・レルミタージュという町に「ショコラトリー・デュ・ヴィヴァレ」(Chocolaterie du Vivarais)を創立。小規模の工場で板チョコ、生チョコ、ボンボンショコラをローヌ地方の顧客向けに製造していた。
  • 1950年 - 所有者が変わり、工場で伝統製法を守りつつプロフェッショナル向けクーベルチュール: (製菓用チョコレート)の製造を開始。会社は大きく発展した。
  • 1960年 - ヴァローナ「VALRHONA」が正式なブランドの名前として確立。
  • 1979年 - 日本市場への進出。
  • 1986年 - 一般消費者向け商品の製造開始。世界初となるカカオ分70%のブラックチョコレート「グアナラ」を発売。
  • 1988年 - ヴァローナ製菓学校「L’Ecole du Grand Chocolat」がタン・レルミタージュに創立。2002年には最新の設備を備えた新しい校舎をオープン。
  • 1989年 - 洋菓子世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」創設。(隔年開催)
  • 1995年 - ヴァローナ ジャポン株式会社とヴァローナ 米国設立。
  • 1996年 - ヴァローナスペイン設立。
  • 1998年 - 世界初の農園指定のカカオ豆を使用した、ヴィンテージチョコレート「グラン・クヴァ」を発売。
  • 2001年 - ヴァローナ イタリア設立。
  • 2004年 - フランスにて、第2工場新設。
  • 2007年 -「L’Ecole du Grand Chocolat」に次ぐ2校目となる製菓学校、「エコール・ヴァローナ 東京」が東京に創立。

外部リンク[編集]

ヴァローナ(日本語)http://www.valrhona.co.jp/

関連項目[編集]