ヴァルデマー3世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァルデマー3世
Valdemar III
デンマーク王
Valdemar 3 kongesegl.jpg
ヴァルデマー3世の印章
在位 1326年 - 1329年
出生 1314年
死去 1364年
配偶者 リヒャルディス・フォン・シュヴェリーン
子女 ヴァルデマー
ヘンリク
王家 エストリズセン家
王朝 エストリズセン朝
父親 シュレースヴィヒ公エーリク2世
母親 アーデルハイト・フォン・ホルシュタイン=レンズブルク
テンプレートを表示

ヴァルデマー3世(ヴァルデマール3世とも、Valdemar III1314年 - 1364年)はデンマーク王(在位:1326年 - 1329年)、シュレースヴィヒ公(在位:1325年 - 1326年、1330年 - 1364年)。シュレースヴィヒ公としてはヴァルデマー5世。シュレースヴィヒ公エーリク2世の子。

生涯[編集]

1326年、母方の伯父ホルシュタイン=レンズブルク伯ゲルハルト3世らにより、不人気なデンマーク王クリストファ2世対立王として立てられたが、相次ぐ貴族と平民の反乱に苦しめられ、1329年に退位させられクリストファ2世が復位した[1]。その後はシュレースヴィヒの統治に専念したが、デンマークとは和睦と戦争を繰り返した。妹ヘルヴィヒは1340年にデンマーク王ヴァルデマー4世と結婚した。

家族[編集]

リヒャルディス・ア・シュヴェリーンと結婚し、2子をもうけた。

  • ヴァルデマー(1338年 - 1360年)
  • ヘンリク(1342年 - 1375年)、シュレースヴィヒ公

脚注[編集]

  1. ^ 百瀬 他、p. 62

参考文献[編集]

  • 百瀬宏 他 『新版 世界各国史 21 北欧史』 山川出版社、1998年
先代:
クリストファ2世
シュレースヴィヒ公
1325年 - 1326年
次代:
ゲアハー1世
先代:
クリストファ2世
デンマーク王
1326年 - 1329年
次代:
クリストファ2世
先代:
ゲアハー1世
シュレースヴィヒ公
1330年 - 1364年
次代:
ヘンリク