ヴァルター・ホーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エッセンにあるヴァルター・ホーマン天文台の25周年記念碑に刻まれたホーマンの顔

ヴァルター・ホーマン(Walter Hohmann、1880年3月18日 - 1945年3月11日)はドイツ技術者宇宙工学者。宇宙飛行の先駆者の一人。オーデンヴァルトのハルトハイム (Hardheim) 生まれ。エッセンで没。

生涯[編集]

医者の息子として生まれ、幼年時代をハルトハイムならびに南アフリカのポート・エリザベスで過ごした。1891年から、ヴュルツブルクの古典語ギムナジウムに通った。アビトゥア資格のためにミュンヘンの工業大学で土木工学を学んだ。大学を修了したあと、ホーマンは1904年から建築試験官 (de:Prüfingenieur für Baustatik) としてウィーンベルリンハノーファーブレスラウで働いた。1912年に彼はエッセンで建築局の静力学部門の長となり、エッセンの材料試験場を設立した。1916年、博士論文"Versuche über das Zusammenwirken von altem und neuem Beton in Eisenbetonkonstruktionen"をRWTHアーヘン大学 (de:RWTH Aachen) に提出した。戦争状態であり戦後の状態ではあったが、1920年代の初頭、博士号の授与は行なわれていたからである[1]

本業の傍ら、ホーマンは天体力学宇宙飛行の問題に取り組んだ。彼は、1911年から1915年の間、ロケット宇宙船を最小のエネルギー消費で別の惑星に送り込むための軌道を算出しようとした。同時に、宇宙速度への到達および大気圏への再突入という問題についても研究した。1925年、これらの研究をまとめた論文"Die Erreichbarkeit der Himmelskörper"を発表。その中で説明された着想の一部は、のちに有人月面着陸を果たしたアポロ計画に採用された。この論文は英語に(1938年にはロシア語にも)翻訳された。[2]

ホーマンは1945年3月11日に、絶え間ない空襲警報と爆撃にさらされるエッセンの病院で衰弱死した。彼の墓は、マイゼンブルク通り (Meisenburgstraße) に沿ったエッセン・ブレデナイ (de:Essen-Bredeney) の墓地に立てられた。

記念[編集]

エッセン中心部の街路や、エッセンの天文台が彼にちなんで名付けられている(ヴァルター・ホーマン通り、ヴァルター・ホーマン天文台)。ハルトハイムには、das Walter-Hohmann-Schulzentrumとdie Walter-Hohmann-Höheという、ホーマン天文台の天文学研究グループがある。1970年、彼の傑出した科学上の業績を評価して、月の裏面近くのクレーターに彼の名が付けられた。

ホーマン遷移軌道にもその名を残す。

著作[編集]

  • Die Erreichbarkeit der Himmelskörper, 1925, Verlag Oldenbourg in München
  • "Fahrtrouten, Fahrtzeiten, Landungsmöglichkeiten", in Willy Ley (Hrsg.): Die Möglichkeiten der Weltraumfahrt, Hachmeister und Thal, Leipzig 1928
  • Die Erreichbarkeit der Himmelskörper, 1994, Verlag Oldenbourg in München, erg&amul;nzter Nachdruck der Originalausgabe, ISBN 3-486-23106-5

出典[編集]

  1. ^ H. Wittbrod, H. Mielke, G. Narimow, J. Saizew: Weltraum und Erde Band 3: Planetenforschung mit Raumsonden, transpress VEB Verlag für Verkehrswesen, Berlin 1982, S.186
  2. ^ Anfrage an Walter-Hohmann-Sternwarte Essen e. V. Der russische Kosmonaut Georgi Gretschko belegte, dass dieses Werk bereits 1938 ins Russische übersetzt wurde.-->Walter-Hohmann-Sternwarte Essen

外部リンク[編集]