ヴァルゲルドゥル・スヴェリスドッティル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Iceland.svg これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヴァルゲルドゥルで呼ばれます。
ヴァルゲルドゥル・スヴェリスドッティル
Valgerður Sverrisdóttir
Valgerdur Sverisdottir, Islands samarbets- och naringsminister.jpg
生年月日 (1950-03-23) 1950年3月23日(68歳)
出生地 アイスランドの旗 アイスランド
グリートゥバッカフレップル英語版
所属政党 進歩党

アイスランドの旗 外務大臣
在任期間 2006年6月15日 - 2007年3月24日

アイスランドの旗 産業・通商大臣
在任期間 1999年 - 2006年
テンプレートを表示

ヴァルゲルドゥル・スヴェリスドッティルアイスランド語: Valgerður Sverrisdóttir1950年3月23日 - )は、アイスランドの政治家。外務大臣や産業・通商大臣を歴任した[1]

1987年進歩党から立候補し初当選。1995年から1999年まで進歩党会派の会長を務めた。1983年から進歩党中央委員会のメンバーである。

批判[編集]

産業・通商大臣を務めていた2006年当時、環境への影響や外国人労働者などの問題について論争が起きていた[2]カウランユーカル水力発電所の建設に関し、環境に与える影響を過小評価しているとして、環境保全協会から告発を受けた。さらに、地質学者グリムル・ビョルンソンがニュース番組において、自らが入手したとする内部資料を基に、同発電所の建設を批判した。

ヴァルゲルドゥルは国会(アルシング)で釈明に追われたものの、土壇場になって全ての告発を拒絶、同発電所の建設延期に反対すると共に、貯水先であるハルストン貯水池の洪水対策に全力を尽くすと表明した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Valgerður Sverrisdóttir(Alþingi、2013年6月26日閲覧)
  2. ^ Kárahnjúkar HEP - Landsvirkjun - September 2009 Archived 2011年5月11日, at the Wayback Machine.(世界エネルギー会議、2009年9月17日)

外部リンク[編集]