ヴァハグン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エレバンドラゴン殺しのヴァハグン像

ヴァハグンアルメニア語: ՎահագնVahagn Vishapakagh=ヴィシャップ殺しのヴァハグン、ヴァハクンは、アルメニアに古代から語り継がれる太陽と火と戦いの神である。ある時から、彼の存在はアラマズドアナヒットトライアドを結成する。ギリシャヘラクレスウルスラグナと同一視されている。

エウヘメリズム信仰では、全ての神は元は人間であり、ヴァハグンも同様に紀元前6世紀のエルワンド王の息子でバブとティランの兄弟、アルメニアの王位継承者として記録されている。

歴史家モーセス・ホレナツィのアルメニア史には、彼の誕生とドラゴン(ヴィシャップ)殺しの偉業を謳った歌が収録されている。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ A History of Armenia (Armenian Mythology) by Vahan M. Kurkjian. Published by the Armenian General Benevolent Union of America 1958/YR.