ヴァネッサ・クレイヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァネッサ・クレイヴァン
ヴァネッサ・クレイヴァンの画像
プロフィール
リングネーム ヴァネッサ・クレイヴァン
ベネッサ・ザ・マウンテン
本名 Vanessa Kraven
ニックネーム カナダの女・人間山脈
歩くカナディアン・ロッキー
身長 183cm
体重 86kg
誕生日 (1982-02-10) 1982年2月10日(34歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
トレーナー ロン・ハッチソン
Zaquary Springate III
デビュー 2004年4月
テンプレートを表示

ヴァネッサ・クレイヴァンVanessa Kraven1982年2月10日 - )は、カナダケベック州モントリオール出身の女子プロレスラー。主に北米と日本で活躍。183cm、86kgの巨体を持ち、日本においては「ベネッサ・ザ・マウンテン」のリングネームで参戦している。

経歴[編集]

美容学校を卒業後、ロン・ハッチソンとZaquary Springate IIIの元でトレーニングを始め、その後NCWに入団して2004年4月にデビュー。その後は母国カナダのインディ団体を転戦し、NCW女子王座を獲得。

2006年4月、IWAミッドサウス主催のクイーン・オブ・ザ・デスマッチに参戦。しかしRachel Putskiの前に敗退。

同年8月に初来日。クイーン・オブ・ザ・デスマッチに参戦していた坂井澄江を通じてブッキングに成功し、NEO板橋大会の6人タッグで日本デビュー。その際日本用リングネームとして「ベネッサ・ザ・マウンテン」を付けられる[1]。翌日開かれたレッスルエキスポ2006でWWWCトーナメントに2回戦から登場したが、田村欣子に敗れる。

以降もカナダを中心としながら、度々来日している。日本ではNEOの他、JWPアイスリボンWAVEなどにも参戦している。

獲得タイトル[編集]

  • NCW女子王座

得意技[編集]

  • パワーボム

脚注[編集]

  1. ^ 【ベネッサ物語】身長185センチの女・人間山脈 NEO女子プロレス社長のブログ 2007年4月18日

外部リンク[編集]