ヴァディム・レーピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァディム・レーピン

ヴァディム・ヴィクトロヴィチ・レーピンVadim Viktorovitch Repin,ロシア語Вади́м Ви́кторович Ре́пин,1971年8月31日 - )はロシアヴァイオリニスト

略歴[編集]

シベリア西部のノヴォシビルスク出身。物心付いた時には楽器をおもちゃにして過ごしており、母親は彼を音楽学校に入れたが、彼が独学で演奏していた木琴ハーモニカアコーディオンなどのクラスに空きが無かった為、「1年待つよりは」と空きがあったヴァイオリンのクラスに入学した[1]。少年時代にザハール・ブロンに師事。17歳でブリュッセルエリザベート王妃国際音楽コンクールに優勝し、職業音楽家として活動に着手する。その後、ブロンのもとを離れ、ピエール・ブーレーズリッカルド・シャイーシャルル・デュトワヴァレリー・ゲルギエフジェイムズ・レヴァインクルト・マズアサイモン・ラトルエサ=ペッカ・サロネンムスティスラフ・ロストロポーヴィチといった名指揮者と共演を重ねる。
これまでに、モーツァルトチャイコフスキーシベリウスプロコフィエフミャスコフスキーショスタコーヴィチベートーヴェン協奏曲を録音。室内楽の演奏では、ボリス・ベレゾフスキーマルタ・アルゲリッチミハイル・プレトニョフユーリ・バシュメットミッシャ・マイスキーらと共演してきた。

ロシア音楽とフランス音楽を得意としているが、ジョン・アダムズソフィヤ・グバイドゥーリナらの作品のような現代音楽も演奏・録音している。

使用楽器[編集]

1743年製のグァルネリ・デル・ジェス"Bonjour"。

プライベート[編集]

2001年に結婚し、2006年に長男が生まれている[2]。その後ボリショイ・バレエのプリンシパルでバレリーナのスヴェトラーナ・ザハーロワと結婚し、一児を儲けた[3]

脚注[編集]

  1. ^ NHK Eテレ テレビでロシア語 2013年度 第15課
  2. ^ http://web.archive.org/web/20080222044903/www.vadimrepin.com/artistmicrosite/REPVA/personal_biography.htms
  3. ^ the arts desk.comによる報道(英語)

外部リンク[編集]