ヴァシュロン・コンスタンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Vacheron Constantin SA
種類 子会社
本社所在地 スイスの旗 スイス
ジュネーヴ州プラン=レ=ズゥアト
設立 1755年(266年前) (1755
業種 製造業
事業内容 時計の設計・製造
代表者 ルイ・フェルラ (CEO)
従業員数 およそ1200名[1]
所有者 リシュモン
関係する人物 ジャン=マルク・ヴァシュロン
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

ヴァシュロン・コンスタンタンVacheron Constantin)は、スイスジュネーヴを本拠地とする時計メーカー。

概要[編集]

1755年に、スイスのジュネーヴでジャン=マルク・ヴァシュロンが自らの工房を開いたときを創業としている[2]。創業以来一度も途切れることなく続いてきた時計メーカーとしては、世界最古とされる[3]。また、パテック・フィリップオーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされている[4]。現在はスイスリシュモングループの傘下となっている。

製品コレクションは、クラシックな「パトリモニー」と「トラディショナル」、現代的な「フィフティーシックス」、スポーツウォッチの「オーヴァーシーズ」、レディースウォッチの「エジェリー」、往年の製品に着想を得た「ヒストリーク」などがある。また、多くの製品がジュネーヴシールの認証を受けている。

トゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーターといった、複雑機構を搭載した時計を多くラインアップしている。創業260周年にあたる2015年には、2826個の部品からなる57種の複雑機構を搭載した、世界一複雑な機械式懐中時計「Reference 57260」を発表した[5]

設計および製造は主にジュネーヴ郊外のプラン=レ=ズゥアトにある本社アトリエで行われ、他にもジュウ渓谷に部品を製造するアトリエがある[3][6]

日本語では、かつてはバセロン・コンスタンチンと表記されていた[7]

年表[編集]

  • 1755年 - ジャン=マルク・ヴァシュロンJean-Marc Vacheron)によって創業[3]。ヴァシュロンが24歳の折、時計工房を開き、1755年9月17日に一人の見習い職人を雇う[2]
  • 1760年 - ジャン=マルク・アブラアムJean-Marc Abraham)がジャン=マルク・ヴァシュロンと妻ジュデイトの間に生まれる[3]。父同様時計職人を志す。
  • 1785年 - ジャン=マルク・アブラアムによってアブラアム・ヴァシュロン=ジロード(Abraham Vacheron-Girod)へと社名変更。
  • 1787年 - ヴァシュロンの孫であるジャック・バルテルミJacques Barthélemy)がアブラアムと妻アンの間に生まれる[3]。類い稀な才能を発揮し、現在のヴァシュロン・コンスタンタンの礎を築く。繊細かつ大胆なアイデアを用い、ミニッツリピーター等の複雑時計の製作が得意であった。
  • 1810年 - ジャック・バルテルミにより、社名をヴァシュロン=ショサー(Vacheron-Chossat)に変更。
  • 1819年 - ジャック・バルテルミは、企業運営に長けたフランソワ・コンスタンタンFrancois Constantin)を共同経営者に迎え、ヴァシュロン&コンスタンタンVacheron et Contantin)と社名を変更する[3]。優れた営業マンでもあったフランソワは世界各地を行商し、ヨーロッパ・アメリカ・アジアへも進出を果たす[2]。フランソワがジャック・バルテルミに宛てた手紙に書かれた「できる限り最善を尽くす、そう試みる事は少なくとも可能である」という言葉は、現在もヴァシュロン・コンスタンタンの社是となっている[2]
  • 1839年 - 機械技師ジョルジュ=オーギュスト・レショーGeorges-Auguste Leschot)が技術責任者として経営に参加[2]。彼は、同一性を確保したまま部品を製造できる工作機械「パンタグラフ」を発明し、時計製造業界に大きな影響を与えた[2][8]
  • 1880年 - 組織を株式会社とし、シンボルマークである「マルタ十字」を商標登録。時計に使用される部品の形が「マルタ十字」形をしていたことに由来する。
  • 1906年 - ジュネーブ、ムーラン通りに初のブティックを開店[3]
  • 1935年 - エジプト王フアード1世への贈呈品として、世界で最も複雑な820のパーツを使用したグランド・コンプリケーション時計を製作。
  • 1938年 - ジャガー・ルクルトと業務提携をし、共同企業である工業製品商事株式会社(SAPIC)を設立。
  • 1955年 - 創業200周年を迎えたこの年、厚さ1.64mmという世界で最薄の機械式ムーブメント「キャリバー1003」を発表[3]
  • 1970年 - 社名から"&"が省かれ、ヴァシュロン・コンスタンタンとなる。
  • 1979年 - 計118個、総カラット数130カラットのダイヤを使った「カリスタ」発表。製作に6000時間かかり、当時としては最高値がついた[3]
  • 1981年 - チャールズ皇太子と結婚するダイアナ妃のために特別設計したレディ・キャラのモデルを製作。
  • 1992年 - 厚さ3.28mmで世界最薄のミニッツリピーター搭載ムーブメントである「キャリバー1755」を発表[3]
  • 1996年 - リシュモン傘下に入る[9]
  • 1998年 - ジュウ渓谷にて部品の製造を行う「アトリエ・ヴァシュロン・コンスタンタン・ヴァレ・ド・ジュウ」を設立[6]
  • 2004年 - ジュネーブ近郊プラン=レ=ズゥアトに新しい本社およびアトリエを設立[3]
  • 2005年 - 創業250周年を迎え、記念モデル5種を発表[3]
  • 2013年 - ジュウ渓谷のル・ブラッシュ英語版に新アトリエを建設し、三ヶ所にあったジュウ峡谷のアトリエを集約[6][10]
  • 2015年 - 創業260周年に合わせ、2826個の部品からなる57種の複雑機構を搭載した、世界一複雑な機械式懐中時計「Reference 57260」を発表[5]

コレクション[編集]

  • パトリモニー
  • トラディショナル
  • マルタ
  • フィフティーシックス
  • オーヴァーシーズ
  • エジェリー
  • ウール・クレアティヴ
  • ハーモニー
  • ヒストリーク
  • メティエ・ダール
  • ケ・ド・リル

脚注[編集]

  1. ^ Vacheron Constantin and 'The Human Touch'”. ニューヨーク・タイムズ. 2020年11月29日閲覧。 “Mr. Ferla said Vacheron Constantin had about 1,200 global employees”
  2. ^ a b c d e f ヴァシュロン・コンスタンタンの創業者”. ヴァシュロン・コンスタンタン. 2020年12月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l メゾンの伝統”. ヴァシュロン・コンスタンタン. 2020年12月17日閲覧。
  4. ^ 並木浩一 『腕時計一生もの』 光文社新書刊、205頁。
  5. ^ a b ヴァシュロン・コンスタンタン「Reference 57260」- 最も複雑時計”. ヴァシュロン・コンスタンタン. 2020年12月14日閲覧。
  6. ^ a b c VACHERON CONSTANTINのアトリエ 時計Begin.jp”. 世界文化社. 2020年12月17日閲覧。
  7. ^ "Constantin"の部分はコンスタンティンとも表記されたことがある。
  8. ^ 時を刻んで250年 - SWI swissinfo.ch”. スイス放送協会. 2020年12月31日閲覧。
  9. ^ Juan-Carlos Torres to succeed Claude-Daniel Proellochs as Chief Executive of Vacheron Constantin”. リシュモン. 2020年12月14日閲覧。
  10. ^ Inauguration of a new watch component manufacturing facility in the Vallée de Joux”. ヴァシュロン・コンスタンタン. 2020年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]