ヴァイオリン協奏曲第2番 (バッハ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァイオリン協奏曲第2番 (バッハ)


Jacques Israelievitch(バイオリン)、アドベント室内楽団による演奏

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV 1042ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品である。後に《チェンバロ協奏曲ニ長調》BWV 1054(1717年1723年成立)に編曲された。バッハのヴァィオリン協奏曲のなかでは最も親しまれており演奏頻度の高い名曲である。以下の3楽章からなる。

楽器編成[編集]

ソロ・ヴァイオリン、弦楽合奏、バッソ・コンティヌオ

演奏時間[編集]

約17分(各8分、7分、2分)

内容[編集]

  • 第1楽章・アレグロ Allegro

 冒頭からバッハらしい堂々としたトゥッティで始まる。その後、技巧と音楽性を併せ持った独奏ヴァイオリンと、それを支える弦楽合奏・通奏低音との絶妙な協奏が、この楽曲を、この時代に数多(あまた)作られた協奏曲から抜け出た傑作にしている。

 哀愁をおびた美しい旋律が主導する、深い嘆きのアリア。

 第1楽章と同様に、何度も出てくるポピュラリティのある旋律が印象的。独奏ヴァィオリンと弦楽合奏・通奏低音との掛け合いによる高揚した気分とともに全曲を一気に締めくくっている。

外部リンク[編集]